fc2ブログ

旧友②


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

ボンジョルノ~♪訳あって今日だけはイタリアかぶれでございます。

さて今朝、む?昨日のお話しです。

えっと~ガリの話しまでしたのかな?

と、まぁガリばかり食べて、周りに少しの恥ずかしさと話しの種を振りまくMですが、
彼は三度目の高校に入学します。
私と同じ定時制に行きました。
どういう経緯でついてきたか忘れましたが、一緒に入学しました。
23歳の事です。
まぁ入学するまでの間、多分前回の記事で20歳くらいまでの事を書いたと思いますが、
23歳までの間、
「○○ちゃん!俺ボクサーになる!」(はじめの一歩に感化された)
とか
「○○ちゃん!俺教師になる!」(GTOに感化された)
「○○ちゃん!組を立ち上げて裏社会を牛耳る!」(哀川翔に感化された)
等、ラリっているとしか思えないような事口にしてました。
(実際ラリっていたと思います)
まぁそんな彼が3度目とはいえ学歴を高めようというのは、
今までと比較するとかなり建設的な行動です。

*ちなみに入学後、嫁はMと2対2でデートした事ありますw
本人は忘れたい過去のようですw

1学期が終わる頃でしょうか、いや2学期の後半かな???事件です!
Mに惚れる子現れます!嫁です!嘘です!
嫁とよく一緒にいた、15歳の巨乳娘です。
なんか漫画に出てきそうな巨乳娘です。

入学後15~18歳くらいの知り合いもそれなりに出来たのですが、男子の間でも結構人気のある子です。
皆あからさまな巨乳に夢中です。
存在感ある巨乳です。
罪作りな巨乳です。
けしからんです!

まぁそんな巨乳ちゃんがMを好きになり、露骨なアピール大作戦です。
しかし、人目を気にしてか・・・歳の差を気にしてか、意外と食いつきの悪いM。
中1以来のモテ期に躊躇してます。
でも、確かに多少の問題はありました。
別に悪い子ではないのですが、意図的な天津爛漫な演出が鼻につくというか・・・
まぁ、アバウトに言えばブリッコです。男の目でも明らかです。
男の目で明らかという事は、女子の目では完全に冷たい目線になってます。

吐き貯めのような学校でしたから、女子もそういう子をスルーするスキルは持ち合わせてません。
なんか色々言われてました、巨乳ちゃん。
可愛そうでしたね~でも負けないくらいの強さもありましたが。

で、Mですが何もせずになんか微妙な関係を保ってます。
(巨乳ちゃんは何かあれば絶対言いふらすので何にも無いと思います)
しかし、そのモテ期も終わりを迎えます。巨乳ちゃん転校です。
ちょっとだけランクUPした学校に進みました。
そして時は流れ3年生。
大検とった私は2年の終わりに大学への入学が確定したので、Mは一人になりました。

そこからは嫁の話しですが、かなり悲惨な学生ライフです。
本人は気さくなつもりなのですが、現代の若い子にはそれがたまらなく不快だったそうです。
酔っ払いが、
「お?姉ちゃんいい乳してるね~今度デートしよ」
みたいなノリみたいです。
完全に見失ってます・・・空気を・・・そして社会を。
まぁそんなだと完全に女子からの嫌悪の眼差しです。

そんな空気を察してか、嫁が卒業する時は殆ど登校拒否状態です。
卒業できたかも不明です。
んで、疎遠になってから聞いた話だと、どうやらフルキャストで日雇い労働を頑張っていると聞きました。
まぁ頑張るのはいい事です。
しかし昨今の日雇い労働の規制、不景気等を考えるとまたニートの可能性が高いです。
実家がなければ例の村で年を越していたかもしれません。
ちゃんと仕事していればいいのですが・・・・

ここまで散々な書き下しぶりですが、Mはダメ人間ですが決して悪い・・・いや悪い奴ですが、いいところもあります。

いいところ①お年寄りに優しい。絶対席を譲ります。その辺は臆する事なく堂々と出来る子です。
いいところ②子供の話しをちゃんと聞き、困っている子供を絶対に放っておきません。
いいところ③多少の下心は満載だが女性に優しい。と、思う。
いいところ④車庫入れが上手い!モテル為に猛練習したそうです。感動的な車庫入れが出来ます。
いいところ⑤ご飯を残さない。見たことないです。人に要求するくらいです。

と、まぁいいところもちゃんとあるし、すこし残念なところもありますが、結局一番付き合いの長い友達でした。


同窓会に呼ばれないもじゃが何を言っているんだか・・・・
と、思った方はポチクリを。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

旧友①


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

おはようございます。もじゃです。

昨日は大好評?だったプリクラ晒しでたくさんのコメントありがとうでした。

さぞかしみなさん、この私にメロメロになったことでしょう。
でもあれ以上晒すと二度とみなさんの前で自惚れられないので、あれが限界です。
恥ずかしがり屋さんだから、暫らくプリクラのUPも無いと思います。

さて、今日の記事は古い友人のMです。
以前ゴミ屋敷で一緒に戦った20世紀少年です。
そんなMとの出会いは中学の1年にさかのぼります。

彼は入学した時からオシャレでした。
自分の服の方向性なんて一切もたない時代に彼はしっかりと自分の方向性を持っていました。
女子からの人気も高いです。
また、友情に熱い男でもありました。
ほんとなんとなく冗談で、「M~俺も死ぬかもしれん・・・」と冗談で言ったらタクシーで家まで来てくれました。中1の癖にタクシーで来てくれるなんてたいしたものです。
かなり愚かな事を口走ってましたが、それ以降安易に阿呆な事を口走るのはやめました。

しかし1年後、そんなMが安易に阿呆な事を口走りまくるようになりました。
失恋って怖いですね~。相手はとても可愛らしい子でモテモテの子でした。
その子は一切悪くないのですが、その子がモテ過ぎるため、男子の間で、
ビバリーヒルズ青春白書みたいになってしまいました。
彼女もちもメロメロになって彼女を切るくらいです。

そんな競争率の高い子に恋をしたMは、毎日、
「殺してくれ~殺してくれ~」
とぼやき倒してました。
死にたいと思いきや今度は、
「ぶっ殺す!あいつ絶対殺してやる!タイマンなら負けね~ぞ!」
ってわめき散らします。(まぁその後タイマンでボコボコにされたのですけどね)
完全にキチ○イさんになってます。

未だに本人には秘密ですが、その問題の子に告られたのは秘密です。
がっついてない方がモテるのは、今も昔も変わりませんね。
いい勉強でした。どんなに内心ヨダレを垂らそうと、無理やりでも余裕は作った方がいいのですね、
大人のスマートです。

話をMに戻すと、
そんなんだから、周りも段々痛い子ちゃんの扱いをしてきます。
私はタクシー事件の恩があるので邪険にはできません。
そんな状態で中学生活も終わります。

彼は工業高校に進学しました。
名前が書ければ入学できる学校です。
しかしすぐ辞めました。
女子を覚えて、溺れて学校どころではなくなりました。
しかし直に溺れ先はなくなりました。
結局地元で紹介された子と付き合うようになりました。

ある日突然、「○○ちゃん(←もじゃ)俺歯医者になる!」
と言い出しました。
狂っていると思いました。
「歯医者になってK(彼女)を幸せにするんだ!」
と大きな希望を胸に抱いてました。
通信制の高校に入ります。
しかし辞めました。
失恋です。

以降知っている限り、一切女ッ毛のない人生です。
Mはそれ以降自分を見失い、ある時は的場浩二を師と仰ぎ、
カラオケで長渕しか歌わない。
本人は長淵を意識しているのですが、ただのホームレスみたいでした。
そんなMはまた恋します。
キャバクラ嬢のEちゃんです。マイクタイソンみたいな女性でした。
でも明るくていい子です。
Mは通いつめます。
そしてあらゆる場所で借金をし、結局親に払ってもらいました。
最後は肝心のEちゃんにも煙たがられてます。
どんどんヤスグレます。

20歳に近づくと彼はパンクに目覚めます。
ブルーハーツやハイローズに夢中です。
「○○ちゃん!俺音楽で食べていく!」
高らかに宣言します。
自作の歌を作ったといい、詩や曲を拝見します。
盗作です。
詩に居たっては語尾が違うだけです。
指摘はしませんでした。
彼があまりにもキラキラしているから。

そんな彼が1分ほどの歌を作りました。
盗作ではありません。そのタイトルは、
〔神様おねがい〕
なんか、惹きつけられる物を一切感じない歌でした。
しかも、パンクじゃないし。

書き忘れてましたが、この時点で彼はニート様です。
高校を中退してから、仕事をしたのは60日くらいです。
つまり約5年間60日程度しか働いてません。
親交のあった25歳くらいまでの間でも100日くらいしか労働してません。

彼の主な収入源は祖父からのお小遣いと、
父・母・弟・祖母・祖父の財布から金を抜く事で生活してます。
そんなんだから、彼の家ではみんな財布は隠している。と、弟から聞いたことあります。

まぁそんな彼ですから遊びにいっても、いつもお金が無いわけです。
金も女もありません。
いつぞやのクリスマス、友人のカップルと二組でどこぞかのイルミネーション見に行きました。
何故かMもついてきました。
正直、私の当時の彼女、友人の彼女にもかなり煙たがられています。
でも空気を読めません。

お金なくても食事についてきます。
当初は奢ったりもしていたのですが、いい加減うんざりし放置しておく事にしました。
水+残り物オンリーです。
吉野家や蕎麦屋に行けばずっとガリ食ってます。

お、時間やばい!続きはまた今度!


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

ピンクのゴリエ


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

おはようございます、もじゃです。

4時半に起きてしまいました。
もぉ体がジジィなのでしょうか?
だれか若さを譲って下さい。
変わりに中性脂肪差し上げます。

この時間に起きて思ったのですが、毎日こんなクソ寒い時間に起きて仕事行く嫁様は偉いです。
パン屋は大変ですね~。

んで、戦の話し。

これは私が定時制高校にいた時、22歳くらいでしょうか?

前にもお話ししましたが、その学校馬鹿ばっかりです。
5%の真面目な生徒・47%のウルイ馬鹿な生徒・47%の静かな馬鹿な生徒、そして1%の超天才イケメンで出来てます。
勿論その1%は私です。

そんな超天才イケメンの私ですから、それなりに学校内で知人も出来ます。
挨拶をしてくれる子、天才のカリスマに吸い寄せられる人。様々です。

確かに私は超天才イケメンですが、人間なのでトイレにも行きます。
その道中で悲劇は起こりました。

その学校の廊下は人が溢れてます。
何故溢れるかというと、みな座り込むからです。
そんな座り込んでいる幾つかのグループの中にいつも挨拶をしてくれている子がいました。
17歳にして、分厚い化粧をし、スッピンが化け物みたいな子でした。
私が歩いていると、元気良く「おはようございます」
と元気良く言ってくれるケラケラ笑っている子でした。*嫁ではないですよ~嫁のスッピンは美しいです。
まぁそんな元気に挨拶をする子につられて周囲も「おはようございます」と言ってくれます。
超天才イケメンとしては当然の周囲の反応です。
勿論私も爽やかにデキスギ君を意識しながら、「おはよう」と返してきます。
爽やかにスマートにトイレへ歩いていきます。
娘どもの軍団の1人、ゴリエそっくりのピンクの髪の毛の女がボソっとしゃべります。
「なんかキモイんだけど(笑)・・・」
信じがたい暴言ですが、私は意に介しません。
汚いゴリエがなんかおかしな事を言っているだけです。

私は気にせず歩きます。
(なんかキモイんだけど(笑)・・・)
気にせず歩きます。トイレへ入ります。
(なんかキモイんだけど(笑)・・・)
用をたします。

(なんかキモイんだけど(笑)・・・)

もう、鏡を見たら顔真っ赤です。
カンカンです。
完全に切れるタイミング失いました。
遅発性の怒りです。
流石に今から文句を言うには遅過ぎます。
でもなんで俺があんな足の裏みたいな顔した奴にキモイと言われなければならないんだ!
そうだあいつは足の裏だ!女の足の裏じゃない!俺の足の裏だ!
私は、人に安易にキモイと言ってしまう事も多々ありますが、
自分が言われるのは大嫌いだ!

も~ね一応女だけど、思い切り走って座っている足の裏の顔面に思い切りドロップキックしてやりました。
脳内で。
実際は何もできません。
トイレで頭をかきむしりながら、フーフー言って悶絶しているだけです。
完全に私の負けです。
去り際の一撃が効きました。
いまこうして思い出すだけで、フンフンしてしまいます。

30歳だけど思春期のような葛藤を何年も引きづれるもじゃに応援下さい。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

クリスマスエピソード(あし@No.001)

タネつな byあし@クリスマスエピソード(あし@No.001) 参加中



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

こんばんわ。もじゃです。

もう何年も前のクリスマス。

思いがけない人とクリスマスを二人で迎えました。

 

その年、クリスマス直前にふられました。

どうやら、お金持ちのオッサンと同時進行していたらしい。

オッサンも女も不幸になれ!と願いました。

 

なんかみっとっもない話しだから、友人に言うのも・・・

そして、今更家族と過ごすのも・・・・

 

ということで、イブの日街をふらつきました。

まるでこれから恋人と会うようなオシャレをして。

別に何処の街でも良かったんです。

何故か歌舞伎町に行きました。

 

誰もが・・・というよりは、街中が楽しそうでした。

コマ劇場の前の広場に来ました。

皆、恋人同士・友人同士・同僚同士で楽しそうでした。

恋人同士のクリスマスに今まで拘ってきた自分が小さく感じます。

 

一人の汚い身なりのおばさんが電話BOXから出てきました。

ご機嫌です。

手にはグッチの財布が握られてます。

「へへっへばかだね、財布置いていったよ、お兄さん一緒にロッテリア行こう!」

ナンパされました。ホームレスのおばさんに。

ホームレスは注文をしても店内で食べると追い出されるそうなので、

広場で食べます。

すっげ~寒いのに。

 

おばさんは子供が二人いて、アル中になり、男を作って子供を置いて家を出て、

一緒に暮らしたはいいが、その男の借金をかぶって、逃げてホームレスになったそうです。

そのおばさんは、「因果応報」この言葉をしつこいくらい口にしてました。

だから言ってやりました。

もじゃ「おばさんそのうち金落とすね。」って。

おばさん「もう、落とすのは命しかないよ。」

おばさんの方が上手でした。

そんなこんな、あちこちこちから「メリークリスマス」が聞こえた。

0時を過ぎた。

もじゃ「メリークリマス」

おばさん「メリークリスマス」

おばさん「銚子までいくらあれば行けるかわかる?」

もじゃ「拾った金で十分行けるよ」

おばさん「そっか。」

そしてもじゃは終電がやばかったので、帰りました。

おばさんが銚子に行って、「メリークリスマス」と言える事を少しだけ祈りました。





タネつなってなんだ?
食えるのか?
っていうもじゃと同次元の方はポチポチを。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

もじゃの限界。

こんばんわ、もじゃです。

予約投稿ではありません。生もじゃです。
前回の記事に書いた通り、飲み会です。

以前書いたか書いていないか忘れましたが、私は酒があまり飲めません。
美味しいとは思うのですけど、
私の胃には美味し過ぎるのか丁寧に返品してくれます。

ということで、コップ3~4杯のビールの後はもっぱら烏龍茶です。
そこから先は、飲んでいる振り&酔った振りです。
調子にのってハメを外します。
酔ってないから確信犯です。

もう不必要にテンション上げます。
いくつかの部署の合同飲みだったのですが、私の部署だけ勢いが違います。
なんていうか・・・下品です。
私はビジュアル担当(?)なので大騒ぎしなくてもいのですが、
騒ぎたいので馬鹿騒ぎです。

どうでもいいビンゴの景品(入浴剤x1)が当たれば半狂乱です。
幸か不幸か、参加した当部署4名全員入浴剤でした。
まぁオイシイです。

でもそれは突然やってきます。
190%のテンションが急に20%位に落ちます。
常人なら死に至るかもしれない下げ幅です。
丁度2時間でした。(飲みは3時間)
突然飽きてしまいました。

誰よりもテンションが落ち着いたもじゃ。
バーのカウンターで一人で飲んでいそうな雰囲気です。
まぁ、ビジュアル担当(??)なので問題は無いのですが、ちと周りには失礼でした。
ホント、急につまらなくなったのです。
隣りでは同僚のE氏が、ラピュタのムスカの真似をして頑張っているのに。
本来なら私は、ドーラの真似をしなければいけないのに・・・
烏龍茶の氷をクルクルとストローで回してました。(最低ですねw)

きっとこれからもビジュアル担当(???)なので問題はないですが、
少々無礼でした。今度は2時間半は頑張ってみます。

もじゃ!謝らなければいけないのは違う事だろ!!!
一番端に座って居た人がハゲているのに、
気付かないでE氏と一緒に「絶対ハゲたく無いよ~。」って大声で言ったことだろ!
そんなもじゃがちゃんと反省していると思った人はポチポチを。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@