fc2ブログ

お疲れです、もじゃです。

今週自分の体のある場所に異変がありました。
厳密には異変を見つけました。
まだ誰にも言ってません。

穴です。

私の体に穴があります。
普通そんなところにそんだけの穴があったら痛いだろ?
って思います。
痛いどころか激痛だろ?
って感じですが無痛です。
私は痛覚が死んでいるのか?
そんなはずはない!
下痢すれば痛い、すなわち痛覚は生きている。
では、あの穴は奇跡的に痛覚を避ける如く空いたのか?
凄く恥ずかしいし、痛いかもしれないけど、適当な物を入れてみた。
怖いから始めは細いの入れてみた。
入れてみたら、8りっぽーみりめーとる はあるので多分痛覚を避けるのは困難。

なかなか観づらい場所だから、お風呂の中で試行錯誤してなんとか見てみた。
何時、何が入ってもおかしくない状況だ。
気付かなかったのか?
否!
思い返せば幾つかある。

ある日突然、「ジャリ」っとした事もあった。
貝柱が出てきたこともあった。

さて、この穴をどうするべきか・・・

しかしその穴は撃ち抜かれたように綺麗に空いている。
自信があればみんなに見せて回りたいくらいだが、なかなか見せる勇気も沸かない。

さて、この穴をどうするか。

切って観て、ぼられ損なう

チス もじゃです。

そうです、もじゃです。
嘘です、今もじゃではありません。

今日はもじゃの専属美容師のへっぷんと密会してきました。
超密会です、わざわざ予約して密会しました。
かなりおおやけな密会です。
ちなみにへっぷんと呼ぶのはもじゃだけです。
しかし、毎度の事ながらもじゃのつけるあだ名にが浸透した試しは無いので、
誰もへっぷんとは呼びません。
へっぷんと呼ばれている事すら知りません。
でも、もじゃは予約時の電話で指名を聞かれると、
「へっぷんでお願いします」
と言います。
大体のスタッフの方は、
もじゃ「へっぷんお願いします」
スタッフ「はい?もう一度お願いします」
もじゃ「へっぷんです」
スタッフ「・・・あの?すいませんもう一度いいですか?」
もじゃ「へっぷんです」
こんなやり取りが何度か続きます。
スタッフさんは偉いです。
もじゃなら即いたずら電話と判断します。
酷い時は、「へっぷんって誰?ってみんなに聞いて回れば解ります」
で電話を切った事もあります。
ちゃんと予約も取れているし皆さん立派です。

もじゃが、[へっぷん]という呼称にこだわるのには少し訳があります。
訳という大袈裟なものでは無いのですが、単に名前を知らなかったのです。
いや、知らないでは無く覚えられないのです。
たった一人の部下の名前を覚えるのに、1週間かかりました。
普通の名前です。先週から部下は3人増え、未だ覚えていません。
来週5人になりますが、その時までに今いる2人の名前を覚えられるか不安です。
教師になんてなれません。何故なら1人1週間かかると、30人のクラスで考えれば30週かかります。
つまり、クラス全員の名前を覚えるのは、2学期の終わりの方です。
と言う事で、名前を覚えるのは至極苦手です。

だから、これからもへっぷんで通します。
ここでへっぷんを辞めたら、スタッフさんが何の為にあんなに面倒な電話の応対をしたのか・・・
スタッフさんのストレスは無駄にしません!
だからへっぷんです!
そういえば、へっぷんがもじゃってました。
きっともじゃの事が好きに違いありません。

さて、今日は色々しました。
映画レッドクリフⅡを見ました。
そのうち記事に書きます。

今日はそれに加えて普段よりイイお肉をジュ~ジュ~しに行きました。
が、しかし何とも怪しい雰囲気の焼肉屋です。
個室もあっていいのですが、なんか~怪しい感じです。
焼肉屋のオーラが無いのです。
雰囲気的には、ラブホの受付+個室+焼肉。
解り辛いですね~、
とにかく裏で黒いお金が巡っていそうな感じです。
ラブホの受付にいそうな感じのおばちゃんが、接客をしてくれているのですが、
なんか怪しいです。ぼったくられるのかな?
なんて嫁とドキドキ少しウキウキしながら過ごしました。
でもきっと実際本当にボッタクリだったら、モジャも嫁も笑ってしまいます。
そのくらいベタな感じの焼肉店でした。
でもお肉は美味しかったし、ぼったくりでもありませんでした。
少し残念です。

明日は8時起きです。
でも普段は5時20分起きです。
屁でもありません。

いっぱいガムを噛んでイヤホンしてるのだから仕方が無い

チス もじゃです。

なんだか週1以下の更新ペースです。

これではみんなに忘れられてしまう・・・
なんて思いましたね。
私はですね、みんなの心に

残り、焼きつき、刻み込み、張り付きたいと思ってます。
きっと胸焼けするくらいが丁度いいのです。

さて、早く帰ると帰り道には人がそれなりにいます。
一本裏に入っても人は少ないですがいます。
サラリーマン、女子高生?、おじさん、おばさん、様々ですね。
みんな生きています。

そう、話しは変わりますが、音の無い世界の住人のもじゃが、
最近はイヤホン三昧です。
盗聴です。
嘘です。
普通に音楽聴いてます。
好きな音楽だけ聴いてます。
不思議ですね、テンション上がりますね。
浸り屋さんのもじゃには効果覿面です。

さて、また話しは変わりますが、ガムを食べるとオナラがたくさんでませんか?
もじゃは、結構な頻度でガムを噛みます。
ブーブー三昧です。
先日これは自分だけの特異体質なのかと思って上司に聞いてみたらやっぱり出るそうです。
調子に乗って色々な人に聞いたのですが女子は流石に口を割りませんね。
まぁ女子ウンヌンではなく、30歳の男子が聞くことでもないですよね。


んで、話しは最初の帰り道に戻ります。
もじゃはイヤホン耳に捻じ込み、気持ちはiPodのCMの人みたいな感じです。
音楽の無い暮らしをしてた男が随分な変わりようです。
まぁ意気揚々と脳内で頭をブンブン、腰をクネクネ、足をバタバタさせながら歩きます。
でも実際にやると周りが怖がるので、ポケットから指だけ出してリズムを取る程度です。
周りには家路を急ぐ人々、
ここでもじゃ君は、オナラがしたくなります。
しかしもじゃ君、いい大人です。
大人になると自分から出るのがどの程度の規模か予測がつきます。
無駄に30年生きてません。
もじゃ君の算段だと、小の中から小の上くらいの規模の予定でした。
迷わず放出です。外でみんな歩いてるし聞こえる訳なんてないです。
がしかし、実際は確実に予測を上回る規模でした。
無駄に30年生きていたようです。

ノリノリのテンションが一気に肉食獣に狙われた小動物のような用心深さにシフトします。
なんだか周りがスローモーションに見えたかもしれない。
音楽なんて多分聞こえてない。
というか覚えてない。
少し前を歩くオジサンとオバサンがゆっくり(もじゃにはスローに見えた)こっちを見る。

危機的状況です。
こんな時本当の人間性が現れるのかもしれない。

もじゃ君振り返る、まるで後ろから音がしたかのように・・・
すぐ後ろの元気の良さそうな女子高生と目が合う。
その女子高生は顔中で、「え????!!!!!」って顔をしてます。
そりゃそうです。
もじゃがそんな目をする資格は1ミリもありません。
もじゃ君はわざと少し前のおじさんとおばさんに解るように、「なるほどね」みたいな感じの含み笑いをします。
その表情を見た後2人は女子高生の方に目線が向きました。
そして不自然な程の勢いで再び前を向きます。
再びもじゃ君女子高生の方を見ると、
憤りに満ちた顔で、「まじかよ?!」って顔をしていました。
作戦成功です。
内容はよろしくないですが、目的は達成したと言えるでしょう。

しかしどいつこいつも愚かです。
近くにコナン君が居たらきっと、適当な人に麻酔針を打ち込むという犯罪行為を行使して、
きっと適当な人が、
適当な人「ちょっと、背高もじゃさん。あなた何故女子高生がしたかのように振り返ったのですか?」
もじゃ「そりゃ音が聞こえた方を向くのは当然だろ?」
適当な人「ほほぉ貴方は聞こえたのですか?後ろから?イヤホンを付けているのに?」
もじゃ「!!!!丁度曲と曲の間だったんだよ!」
適当な人「なるほど、あの音ならイヤホンをしていても、曲の合間なら聞き取れたでしょう。それが本当かどうかはつけている本人しか解らない。」
もじゃ「だったら犯人扱いは辞めてもらえるかな?」
適当な人「確かに本当かどうかは解らない・・・が!、貴方、自分で曲が流れていたのを証明して歩いていたんだよ!」
もじゃ「なんだってのさ!?」
適当な人「貴方歩きながら指でリズムを取っていましたよね?曲が流れている時ならまだしも、曲の合間にあんなにノリノリでリズムをとるんでしょうか?」
もじゃ「・・・・・・・・・・・・・・」
適当な人「貴方は自分の予想を上回るオナラが出たことをケツの振動で感知し、その時偶然居合わせた女子高生に罪を擦り付ける為咄嗟に演技をしたんだ。」
適当な人「違いますか?もじゃさん?」
もじゃ「・・・・・・・・・思ってもみなかったんだ・・・あんなに派手なのが出るなんて」
と、自白していた事でしょう。

まぁしかしですね、家のエレベータの中で思いました。
何の罪もなく、ただそこに歩いていただけなのに、
よく解らない男が目の前で屁をこいて、犯人扱いされて、反論の機会すらなく、ただただ悔しさを押し殺していたのか・・・・
あの女子高生の憤りに満ちた顔と無念さを考えていたら・・・・・・



なんだか笑えてきました。

おはなセンサー

こんばんは、もじゃです。

世界一可愛い猫の我家のおはなが、鳴いてます。

誰もいないお風呂で壁に向かって

「にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~」

鳴いております。

真っ暗なお風呂場で無いています。

ひたすら一点を見つめて鳴います。

なんだか怖いので、帰ってきた嫁に報告です。

もじゃ「今日ずっと鳴いているんだよね」

嫁「何処で?」

鳴き声の方に向かおうとする嫁。

もじゃ「風呂場」

嫁「あぁぁぁ」

立ち止まり、風呂場へ行くのを辞めた嫁。

うん、その反応が一番怖いよ。

もじゃ、ボア・ハンコック・・・・・・・・・にモテる

こんばんは、もじゃです。
昨日はなんかくたびれました。
充実はしてますけどね。
うん、充実していた。

さて、今日は勉強三昧でした。んで頑張っているレポートの7割弱くらい完成しました。
でも、もじゃは目的がブレる子なので、7割弱が9割になったり4割になったりします。
良く言えば臨機応変、悪く言うと計画性が無いとなります。

そういえばもじゃは出世しました。
日付の上では先週からです。
まぁ消去法で選ばれた人事です。
周りも自分も解ってます。
なんだかネガティブな文章にこそなりましたが、ちゃんとチャンスだとは思ってます。
前述したようにもじゃは目的ブレ安いのでその辺を気をつけようと思ってます。

出世をしたという事は、部下もおのずと増えます。
でも断言できるのはもじゃが一番収入が低いという事実。
入口を間違えた人間が、入口だけは合っていた相手にその辺で勝つのは、きっと予測された4倍くらいの成果は挙げないとダメでしょう。
数字にすると大した事無いですが、大きな数字です。
もし・・・世界が4倍になったら

身長7.2メートル
体重300キロ
100メートルを4秒台で走り
チョメチョメの長さがなんと・・・・・
というとんでもない事が起こります。

4倍ってそんだけ凄い事なのです。


さて、少し前まで、ちょい髭もじゃのっぽであったもじゃですが、今は髭無しです。
特に理由は無いですが、面倒だから伸ばしていて、形に気を使うのも面倒になったから剃った。
それだけなのです。しかしギャップや変化に弱いのは男性ばかりではなく、女性も弱いのですね。
少しモテ始めました。
まぁ喜ばしい?事態です。

しかもですね~相手が誰に似ているかというと~
そうだな~
う~~~ん

ONE PIECE

に、出てくる、ボア・ハンコック
hancock.jpg














の、となりの


Rの人

この人をサラサラにしてツンデレにしたような感じです。
最近メッサ デレの部分を出してきます。
まぁ若い子にモテテいるのには変わりません。

前向きに喜びたいと思います。
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@