スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノープランのプラン

こんばんわもじゃです。

昨日はたくさんのコメントでの祝福の言葉ありがとうございます。
いやいやほんと嬉しかったです。

さて、昨日のノープランデートで、かなりあちこち行きました。
半日以上遊び倒して結構つかれましたw
んで勢いづいた私は今日、仮病でずるやすみです。
(室長ごめんなさい。明日から頑張ります)

んで、昨日巡った場所ですが、始めに原宿行ってまいりました。
トシちゃんや、マッチはいなかったです。
着いたのが、丁度昼前だったので、まずは昼食をとろうと、
バイキング形式の食べ放題へいきました。

店の内装はポップな感じで、椅子や机もデザイン性の高い素敵な感じでした。
しかし・・・・それだけっでした。
なんていうか、スタッフにサービス業としての意識が感じられません。
みんな寝起きのような顔をして、
「選挙なんて結局誰に投票しても同じだし~意味無いじゃん」
とかいいそうな雰囲気でした。(あくまで私の印象です)
勿論笑顔なんて皆無でした。
ポップな感じの店内だけにそのギャップ面白いとも感じられます。
料理・・・そう料理が致命的でしたね。
なんというか、遊園地やプールで食べる焼きそばやカレー。
そんな感じでしたね。
キャベツが一番美味しかったです。マジで。

んで、キャベツにお腹がいっぱいになり、
今度は、私の若作り用の服を買いました。
結構即決で決まりました。
しかし、竹下通りを歩いていると、事件が・・・・
なんと、嫁の来ていた服と同じものが売ってました。
その3軒隣りの店にも・・・
結局駅の前に辿りつくまでに3軒同じ服がおいてありました。
流石にそれはなんか恥ずかしいので、逃げるように原宿から去りました。
最後まで、トシちゃんやマッチにはあえませんでした。

んで次に向かった場所は池袋に行きました。
サンシャインの水族館に向かいます。
水族館はかなり久しぶりなので、私も嫁もテンションあがります。
画像 018
ニモです!魚のクセに可愛かったです。ファインディング・ニモは見たんですが、こんなに小さい魚とは思いませんでした。
多分縁日の金魚すくいの金魚より小さいかな?
画像 031
んでもってこれが、角質食ってくれる魚です。Drフィッシュと言われているやつです。
正式名称忘れました。
嫁は水に手を入れてからすぐに、
「痛!」
っていってやめました。
私は角質&老廃物だらけなのか、全然痛みを感じませんでした。
それどころか、3~4人同時に手を突っ込めるのですが、
写真撮った約20秒後には、水槽の魚の95%は私の手を食べてました。
あまりのモテぶりに、他のお客さんはつまらなそうでした。
画像 035
この子、ぱっと見うまそうですが、長い水槽暮らしできっとスカスカでしょう。

とまぁ勿論もっと居ましたが、印象に残ったのはこんなもんです。
しかし水族館からでると、魚以外もいました、
画像 036
かわいいですね~!意外と根性悪そうな目してましたが、歩いているとかわいいですね~
でも、このペンギンたちが、まったくの困ったチャンでした。
飼育員のお姉さんが、
「ペンギンたちはですね、魚を頭から丸呑みするんですね。」
と、言ってるそばから尾から食べ、
お姉さんが魚を投げて、
口でキャッチして食べるところを見せたかったと思うのですが、
キャッチなんて全然出来ない。
しまいにゃ、魚に見向きもしませんでした。
餌の魚を一生懸命振って、ペンギンの注意を向けようとするお姉さんですが、
ペンギンたちは無視。
完全に学級崩壊してます。

あと、水族館なのに、関係ないのもたくさんいました。
画像 061
この子、完全に人嫌いのオーラ出してますね~
画像 059
やべ!かわいい!キツネです!うそ臭いくらい可愛かったです!
画像 073
あれ、ひろぽ?


と、水族館かなり楽しかったです。


次映画を見に行きました。
家から近い方が楽なので、立川で見ることにします。
がしかし!
人身事故発生・・・・・
電車動きません!
仕方ないので、吉祥寺で下車し、お茶!
んで、電車が普及し、立川へ。
見た映画は
【パコと魔法の絵本】
080710_pako_newmain.jpg
面白かったですよ、映画。
知っている人は知っているかもですが、
「お前がワシを知っているということだけで腹が立つ!」
が、口癖の嫌われ者のくそじじぃが、一日しか記憶の保持が出来ない女の子の為に、
女の子の記憶に残りたい為に、
病院の入院患者、医師、看護師、甥と演劇を行うという作品です。
役所広司さん凄いですね、ほんと凄いなと思います。
不覚にも、ウルっと来る時がありました。
しかし、涙は出ません。

その理由は二つあります。
まず、阿部サダヲさんがくどすぎるとういのと、
劇中にて
役所広司「今日じゃなきゃダメなんだ!」
と感動的な時、
劇場で咳込んでいる人が居て、
ごっほ!ゴッホ!・・・・ゴッホ!ゴホ!ヴおぇぇぇえぇ!
仕方ない事ですが、残念でした。

んで地元に戻り、ゲーセンで遊んで帰りました。

こんなに長い時間遊んだのは結婚して以来始めてですね~。
で、そのツケがずる休みです。
へへへ
スポンサーサイト

ノープラン

こんにちわもじゃです。

今日は仕事休みです。
有給使いました。

今日は、結婚記念日です。
嫁と、まったくのノープランでデートしてきます。

私は記念日等を忘れます。

別にそういったイベントを軽視している訳でわはないのですが、よく忘れます。
まぁ、記念日といっても、結婚記念日と嫁の誕生日位なんですが・・・ 

早い話しが私は、今まで嫁の誕生日を、4割位の確率で忘れているのです。

私は、通信の大学に通っているのですが、夏にスクーリングといって大学に登校しなければなりません。
その予約を6月位にしなければいけないのですが、誕生日をすっかり忘れ授業を入れてしまいます。
そして、登録変更が出来なくなってから、気付いたり指摘されたりします。

その都度私は、ヤベッて顔してから、「忘れた訳じゃないんだけど、ど~してもこの日しかない授業があるんだ」と嘘をつきます。

嫁は私が嘘をついているのを承知で、「そっか、じゃあ仕方ないね。頑張ってね」っと承諾してくれます。













っていう事はなく、
「絶対普通に忘れてたよ!」
「今年も入れたの!」
「そこに愛はないの!」
「口臭いよ!」
「口の中ドブなの?」
と、罵声を浴びます。

私は、ひたすら目を合わせないように、笑ってごまかしまします。

そんなタイミングでテレビに目線をむけようもんなら、頭頂部の毛髪を引き抜こうとしてきます。

そして最後はくすぐられます。
いつまでも・・
いつまでも・・・
いつまでも・・・・
最後は額関節の付け根に乳酸が貯まる状態になります。

でもこの儀式が終われば、ケロっとわすれてくれます。

そんな嫁が大好きです。

ガリガリ オハナ

こんばんわ、もじゃです。

以前ブログに私の飼っている猫の紹介しましたが、今回はそのオハナとの出会いを綴ります。

080215_2033~010001

私は猫を飼う前に、ハムスターを飼ってました。
名前はアヒルです。
しかし2年半の付き合いにとうとう終わりが訪れ、近所のちょっとした林に埋葬しました。

アヒルが亡くなって2・3ヶ月後、特に用事はなかったのですが、
妻と一緒に散歩がてらアヒルのお墓参りに行きました。
サクッとナムナムして適当にプラプラ散歩に向かうと、
「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
とフェンス越しに無くガリガリの子猫がいました。
その子猫と嫁が目が合うと、子猫は躊躇なく寄ってきました。
「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
寄ってきて 刷りよって ゴロゴロ と・・・

以前から妻は猫を飼いたがってました。
私はその都度やんわり断り続けました。
やはり、欲しいだけで動物を飼うべきでは無いと思っていたためです。

「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
「みゃ~ みゃ~ みゃ~」
「んみゃ~ みゃ~ みゃ~」

「飼いたい!」
嫁はキラキラした目で言いました。
私は少し考えて、
「ちゃんと面倒見れる?」
と聞くと、
「見れる!!!」
「じゃぁ、キャリーとか必要なもの買ってくるから一緒にまってて」
というと、
「解った!ありがとう。」
そして私はそこから5分ほどで着く、ホームセンターで必要と思われるものを買い、急いで戻りました。


私が妻の元に戻ると、妻はとても困惑していました。
子猫が通りかかったお姉さんにホイホイ嬉しそうに着いていってます。
とんだ尻軽猫です・・・・

しかしお姉さんが迷惑そうにその場を走り去ると、
子猫はまた妻の方にホイホイやってきました。
やはりとんだ尻軽猫です。

買って来たキャリーに子猫を入れ、中に缶詰を入れて家に連れてきました。

家に向かう間、

「ンミャンンミャンミャンミャン・・・・・・」
唸りながら食ってました。

家に着き、風呂に入れて、爪を切り、
さて、あとは名前です。

ディズニーのリロ&スティッチの内容から、オハナ→おはなに決定しました。
そんなこんなで、うちに家族が一人増えました。

追従

こんばんわもじゃです。
*性に関する記述が含まれ不快に感じるかもしれません。

先日、友人に会いました。
彼はバンド活動をしていて、ライブ活動で全国を回ってます。

3年ぶりにその友人から連絡がありました。
彼の一番情熱向けているのは多分音楽です。
実際バイトをしながらバンド活動をしているので、疑う余地はないでしょう。

しかし彼にはもう1つの大きなパッションを持って取り組んでいることがある。

それはAV。そうアダルトビデオです。

勿論私も嫌いではありません。嫌いなもんか!
しかし彼の好きさは私を遥かに凌駕します。
TVチャンピョンで、アダルトビデオ王決定戦があればかなりいい線いくはずです。

AV大好き男のAV話しは、
女優さんの体や性癖の話ししかないと思われるかもしれませんが、
彼に限っていえばそのような話しは皆無です。

彼のAVに関する話しは、ある意味学問的であり、科学的でもある。
モザイク越しにコンドームの有無を100%見分ける方法から、
メーカ毎のカメラワークの傾向など、
AVの話しをしているのが不思議なくらい性を感じさせません。

さてそんな彼と食事をしたわけですが、場所は最近少し有名なサイゼリア。
彼は先に来ていて、軽く挨拶をしながら私も席に着きました。

いきなりですが、彼は貧乏です。駐車場の係員をしながら全国のライブハウスをまわってます。
彼のことは人間的にかなり好感をもっているため、今日一日分の食事や飲み代をおごるくらい全然なんてことはなっかたのです。
私が「何でも食っていいから適当に注文しちゃいな~」
というと、彼は少し恥ずかしそうに「ありがとうございます!!!」と言った。

食事が運ばれ、全国を旅した話しなどを聞いていた。
私は楽しかった。
そして覚悟はしていたが、AVの話しがはじまった。
○○というAV女優は、移籍金が1000万だとか・・そんな話しだった。

ファミレスでAVの話しをしているが、私は不思議と嫌ではなかった。
私の判断だが、それ程回りのお客さんを不快にさせている気配はない、
しかも彼はとても話し上手で、たわいも無い話がとても面白く聞ける。
彼との時間はとても楽しいと話を聞きながら、心の中でおもった。

彼にビールを勧めた。
彼は子供のような顔をして喜んだ。
ほんとにおごり甲斐のある相手だ。
突然彼は思い出したかのように、
友人「○○さん(←私の名前)知ってます?」
私「ん?なにが?」
友人「AVって月200~400本ぐらいリリースされてるんですよ~」
私「へぇ~そんなに出てるんだ~、年間3000本以上だよね?」
友人「ほんと凄い数ですよね、も~ほんと付いて行くのがやっとですよぉ
私「・・・・・・・?」
私「付いていってるのかよ!!!
友人「はい!なんとか^-^」
彼は誇らしげな笑顔をしてた。

3000X200円=60万・・・・



次からは割り勘にしよう。

プラネット・テラー

こんばんわ、もじゃです。
2ヶ月くらい前に見た映画です。
【プラネット・テラー★★★★★】
16674_A.jpg
やばいです!出落ちに近いジャケットです!
レンタル店でこれを見たとき、DVDのケースに向かって思い切り吹きました。
そして良く見れば、ブルース・ウィルス!
一体何故こんな映画に?しかも主演でないなんて・・・・・
たった1枚の画像にこれだけの疑問点と誘惑が混在しているなんて・・・・
恐ろしいジャケットです。

さて内容はというと、ゾンビ映画です!
例のあれです・・・噛まれたら感染するあれです。

物語は軍が開発した生物兵器がタンクから漏れ、周囲に拡散しえらいこっちゃから始まります。
そして、登場人物

チェリー・ダーリン
事件の直前までストリッパーとして働くが、クリエイティブな仕事がしたいと言い退職。
立ち寄ったバーベキュー屋で昔の彼氏レイに会い、ドライブ中に乗っていたトラックが横転。
しかも横転した先でゾンビに足を食われる。
病院へ助けに来たレイに、失った足に椅子の脚を強引にぶち込まれる。
後、レイの改造したライフルで、ジャケットのような姿に。

エル・レイ
チェリーの元彼。今でもチェリーを思っている。
解体業を生業としているが、街でよく問題を起こす為保安官に目を付けられている。
物語の途中で、自分が伝説の特殊部隊員だと都合の良いカミングアウトをし、グループのリーダ的なポジションになる。ちなみに彼はジャックナイフでゾンビをバスバス切り倒していった。

ダコダ・ブロッグ
夫と息子の三人暮らしである。
夫は医師で本人は看護師(麻酔科医師?)をしている。
夫と子供がいるが実はレズビアン。
夫の身体的精神的なDVから逃れる為、昔付き合っていた女性と駆け落ちするはずが事件に巻き込まれる。

ウィリアム・ブロック
ダコダの夫。
家庭では絶対君主のような振る舞いだが、医師としては優秀で患者を救おうという使命感はある。
常にダコダの行動を監視し、既にダコダとレズビアンの彼女との関係を疑ってる。

マルドゥーン中尉
アフガン戦争で、彼の部隊はこっそりビン・ラディンを暗殺している。英雄になるはずが、軍はその事実を隠す為に生物兵器を中尉の部隊に使用する。
生物兵器の影響で、常にそのガスを吸っていないと生きられない体になる。

アビー
事件の原因になる生物兵器を作った科学者。彼はこのガスを中尉に横流ししようとするところから大惨事になる。
睾丸集めが趣味で、生死を問わず睾丸を採取しまくる。

J.T.ヘイグ
テキサス1旨いバーベキュー屋の店主。
常にバーベキューソースのことしか考えてない。
弟が自分のレシピを狙っていて、弟からの嫌がらせで店の家賃を上げられそうになっていた時、
事件に巻き込まれる。

ヘイグ
街の保安官であり、J.T.ヘイグの弟。
しつこく、レシピを狙う以外は、人望と責任感がある男。
部下や、町の住民からの信頼され、その信頼を裏切ることがない。(兄への嫌がらせ以外は)

双子のベビーシッター
完全に職務怠慢のベビーシッターズ。
病院から脱出したダコダが息子を迎えに来る際、ダコダに暴言を吐かれ逆上。
二人で、斧を等を手にダコダの車を襲撃する。
バーベキュー屋で、チェリーとレイがファックしている間に、気がついたら仲間になっていた。

等等まだ色々な人が居ます。
つっこみどころが半端じゃないし、この本気と悪ふざけの絶妙なラインで見ている人間を困らせます。
この記事だけ見ると全然ゾンビ映画な感じはしないですが、
出てきますよちゃんとゾンビ。

ちなみに、彼女の足のマシンガン
こうやって撃ちます。
1192080616.jpg
ひ・引き金はどうやって?・・・・・・


あ、それと、この映画のBGMかっこええですぜ!

機会があれば、ひろって買ってみてください^-^

バイオハザード1・2・3

おはようございます、もじゃです。

先日今更ながら、
【バイオハザード3★★☆☆☆】*ネタバレありです。
をみました。
poster3.jpg
主演は、ミラ・ジョヴォウィッチさんです。私が知っているもので、ジャンヌダルク・ウルトラバイオレット等に出演してます。
なんか画像を見る限り、エイリアンのシガニーウィーバーを髣髴させます。
なんか怖い・・・・

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、元々はゲームです。
劇中のアリスは存在しません。
完全に映画オリジナルのキャラクターです。
この映画に触れる前に、(3)というからには(1)・(2)に触れます。
【バイオハザード★★☆☆☆】
D112291720.jpg
いやぁ~メイクの有無もあるんでしょうけど、綺麗ですね。
全然怖くない!美しい!
内容はというと、アリスが、アンブレラ社に潜入し、(スパイ?)そこで、ごっつい危険なウィルスが蔓延し、ラクーンシティー地下の研究所でえらいこっちゃって話しです。
ごっついウィルスのせいで、ゾンビだらけになります。
噛まれたらゾンビです。
そんなもんだから、敵はどんどん増えます。

私は、エアーガンおたくです。
だから銃器を使う映画が大好きです。
元々銃器を使って敵を倒していくゲームが原作なのでその点を期待してました。

期待はずれです・・・
上の画像で握っている銃の弾が切れたら、もうほとんど銃撃シーンないです・・・

この段階では主人公アリスは普通の人間です。
犬のゾンビを蹴っ飛ばして「キャイン!」と言わせてましたが、やはり人間です。
ゾンビが来れば逃げるし、常識的な動きしかしません。だって人間だもん。
物語のラストは、命からがら地上に逃げた、アリスともう一人のいい男が、いきなり捕まり人体実験されてしまう、スティーブンキング並みの衝撃です。
まぁ2への複線なのでしょう。ラストのシーンは病院で目が覚めて、荒廃した街にひとりポツンです。

【バイオハザード2★★☆☆☆】
biohazard2.jpg

うん、まだ美しい!
1の続きの話しです。結局もれちゃったみたいですね、ウィルス。
街は大変なことになってます。
街ごと封鎖されて、人々はラクーンシティに取り残されました。
どんどんゾンビ増えてきます。
警察や特殊部隊もお手上げです。
ここにきて、ようやく原作に登場する、
カルロス・ジル・博士の娘(名前失念)等出てきますが、やはり設定は異なります。

一番の変化は、主人公アリスが完全に戦闘マシーンになってます。
どのくらい強いかというと、プレデターと互角にいけそうなほど強いです。
いつのまにか、銃器のスペシャリストです。
並みのゾンビは素手でぶっ飛ばします。
LVはエイリアン4のリプリーと同等です。
性格まで変わってます。
なんでも、1の最後の実験でパワーアップしたそうです。
ついでに、1の最後に生き残っていたいい男は、
ネメシスという化け物に改造されています!
こっちは完全に、ターミネーターです。
片手にバズーカ、もう一方にバルカン砲と、とんでもない重装備で暴れます。

まぁそんなこんなで、もうこの街ダメでしょう?っていうノリで、ミサイルで街ごと焼き払います。
アリスたちはヘリで脱出しますが、墜落し・・・・
アリス死んじゃいます!
ラストシーンで、死んだアリスが培養液みたいのから出るんですけど、その後研究員に暴れたり、念力で殺したりして、かなりとんでもない状態で、研究所から仲間の手により脱出します。
エアガンマニアの目で見ると、一番銃撃シーンの多いシリーズでよかったかな?


んで、なが~い前置きからようやく今回見た3の話しですが、
街焼き払ったけど・・・・
色々な人間も一緒に焼き払ったけど・・・・・
ウィルスダダ漏れでした!
世界中にウィルスが蔓延して、人間がほとんど生きてません。
世界観は、北斗の拳 マッドマックス2以降みたいです。

正直、ゾンビ映画の中でもこの作品の評価かなり低いです。
世界観でも・・・・
どんどん手抜きされるゾンビでも・・・・・
走れるようになったゾンビでもございません・・・・・
アリスさん!あんたですよ!
別いいですよ、みんなが、銃器を使ってやっと倒しているゾンビを、ククリナイフでバッサバッサ倒しても。
別にいいですよ、いつのまにか衛星にハッキングできるくらいの能力が備わっても。

でもね、なんですか!その超能力!
女の子が火炎放射器に焼かれそうになった時、超能力で炎の向きを変えて、上空の殺人カラスを焼き払ったり・・・・・
最後の敵と念力合戦やったり・・・
見たことあれば幸いですが、【ファンタスティック4】という映画の金髪美女と同じような能力です。(透明にはなりません)

ゾンビ映画でやっていいことと悪いことがあります。
私の中で、こんな反則的な能力は、無しですね・・・
ゾンビはやっぱり、人が弱いまま逃げないと♪

ヘップリのヘップン

こんばんわもじゃです・・・

美容院行ってきました。

カット・パーマ・カラーのフルコースです。

今回行った美容院にかれこれ、1年以上浮気もせず通っているのですが、
私は恐らくメンドクサイ客でしょう。
別にうるさく注文つけません。
別に仕上がりを細かくチェックしません。
別にタバコが吸えないからとブーたれません。

ではどのようにメンドクサイかというと、
私の注文は、
「かっこよくしてください!」
以上です。
大体、はじめて担当になる美容師さんは、目がピクッっとします。
私が美容師ならカチン!とくることでしょう。
解ってるんです。
そんなこと言われても困ること。
イラッっとすることも。

でも、私は本気で解らないのでいつもこんな注文です。
自分がしてみたい髪型というのは、皮肉なことにあからさまに似合わないものばかりです。
「第一・第二希望がダメなら俺もうわかんねぇよ!」
というのが、私の言い分です。
勿論、美容師に相談し似合わないと言われたわけではありません。
脳内で勝手に出した結論です。
勝手に出した脳内結論に、うっすらと逆切れしている私の口から出るのが、
「かっこよくしてください!」
になるわけです。
迷惑な話です。

さて、ホントはもうモジャではないくせにモジャと名乗っていた私ですが、
美容師さんのフルコースを堪能し、私がどのように変身したかというと

もじゃ70%
うね20%
サラ10%
って感じです。
嫁には好評です。
私も気にいってます。

でも肝心なのは、俺がどう思うかではなく、
周囲の女性がどう思うかです。
ほんとは画像でも晒せば、リサーチできるのでしょうけど
悪口が書き辛くなるので晒しません。

とにかく70%なら
「もじゃでいいよね?」
「もじゃだよね?」
「俺もじゃもじゃのっぽだよね?」

そういえば、シャンプーしてくれた可愛らしい美容師さんが、栃木弁を教えてくれました。
カメムシのことを・・・・
あれなんだっけ?
ヘッポッコ?
ヘップッキ?
忘れました・・・・

誰か教えてください

苦悩

こんにちわ、もじゃです。
以前、ブログで書いた通り今から美容院いってきます。
ブログで書いた通り現在私はもじゃではないです。


さっき髪を乾かしたら、ウネウネというより、
ウネサラノッポです。

美容院に向かっていますが、
もじゃるべきか・・ うねるべきか・・・いっそ、サラッてのもありかも・・・・まだ決めてません。
結果モテればいいんですけど・・・

正直モテる為なら、
もじゃもじゃのっぽでも、
うねうねのっぽでも、
ツルツルのっぽでもいいんです。
(モテればですよ!)
モテて、チヤホヤされて、キャッキャ言われたいんです。

嫁をジェラシーの海に叩き落とし、
「ふぃ~ふぃ~」
言わせたいんです。
別に憎いわけじゃないんですよ。

嫁はぐずるとかわいいんです。

ついた。

シークレットライブも計画的に・・・

こんばんわもじゃです。

今日同僚のY君から興味深い話を聞きました。

宮崎県出身彼ですが、彼は世間で入手困難と言われるものを難なく入手します。

アイフォーンが、世間で品薄で入手困難な時も難なく手に入れました。
勿論徹夜で並ぶようなことはしていません。

彼の地元宮崎県のある地区のソフトバンクショップは、
どうやら発売日から1月経っても2台しか売れていないようで、在庫の山でした。
勿論そんな状況ですから、難なく入手できたわけです。

そして、彼の地元はジャスコがデートスポットであること。
高校時代のコンパは農道でやったこと。
神戸牛は、ばらす直前に宮崎から運ばれ、ホントは宮崎牛であること。
等、色々教えてくれます。

そして今日仕入れた情報は、
ZEEBRA
Zeebra_japan.jpg
ご存知でしょうか?
私はあまり存じ上げあせんが、名前は知っています。
ヒップホップの人ですよね?
その辺のジャンルに疎い私ですら知っているのですから、
その筋では大変有名なんだと思います。
きっと、都内でライブをやれば大勢集まることでしょう。

そんな彼が宮崎でライブを行ったそうです。
しかもシークレットで・・・
もう落ちは察していると思いますが、
そうです、客が全然入らなかったらしいです。

どうもZEEBRAがやってくる!
と言うアナウンスは宮崎ではしっかり流れていたらしいですが、宮崎の殆どの人が、
「ZEEBRAって誰?」って状態だったそうです。
その状況で、ちゃんとライブを行ったかは不明ですが、さぞスタッフ~は心臓を傷めたことでしょう。

シークレットにするのも、ある程度自分の知名度が安定している場所で行わないと、
只のよそ者ですね。


*今回の記事は、同僚Yが私に口頭で話してくれた内容であり、事実確認は取っていません。
事実無根・脚色等あるかもしれません。
ですので、「神戸牛舐めているのか!」とか、「ZEEBRA舐めてるのか!」とか「宮崎舐めてるのか!」
等お叱りを受けるかもしれませんので、先に謝罪します。



すまん

世界一バーバリーの似合う女性

こんばんわ、もじゃです。

東京は最近暑いですが、もうすぐ冬です。

冬といえば、寒い→マフラー→バーバリーです。

そう冬と言えばバーバリーなんです。

そして世界一バーバリーが似合う女性はこの方です。
calis01.jpg
キャリスタ・フロックハート様

バーバリーを着た画像が見つからないのですが関係ないんです。
もうバーバリーとか別にいいんです!最高に!MAX好きです。
アヒル口大好きです。

と、少々取り乱しましたが、日本では完全に、
アリーマイラブのアリーですね。
私もそのドラマで知ったのですが、一発でメロメロです。

しかし結構前に、TVで青い目をしたラスト侍、デーブ・スペクター氏が
「ハリソンフォードと付き合ってるんですよ」
はい、ライバルは強敵です。
その時私はドラゴンボールの使い道を決めました。

占い?科学?統計?空論?→下心

こんばんわ もじゃです。

早速ですが、私は占いは統計の裏付けや心理的な裏付けが無いと信じません。
しかし気になって仕方がありません。
普段占いを拒絶することで男らしさを保っているもじゃがとうとう手を付けた占いです。

ブロともの藤さん(富士山ではありません)が記事で紹介してます、

その名も、血液型ゲノム
ゲノムって遺伝子でしたっけ?まぁとにかく科学的な響きに誘われやてみました。

結果はですね~随分元の血液型から離れてましたw
一番印象的な言葉が、
「下心見え見え・・・」

はい、思い当たる節は思い当たりきれないくらいあるんですが、はっきり言ってくれますねぇ。
私の遺伝子は下心が透けているようです。

で、この占い結果のマッチングも調べられるんですよ。

ということで、もしよろしければ男女問わずID:571886でマッチングしてください^^

結果はコメントにぶっこんでもらえると、後でニマニマしながら見れるのでうれしいです。

下心?ないですよぉ~ ふふふ





ダイエーの前で

おはようございます、もじゃです。
jhonkosuさんのブログに書いたコメントが好評だったのでまんま記事にします。
手抜きじゃないです、合理的なんです。

昔 梅図かずお氏とお話ししたことあります。
当時私は、バンドをやっていて、びっくりするような髪型をしてました。
近所に氏は住んでいて、でも見たのは初めてでした。
ダイエーの袋を下げて私に近づき、
「あはははははは、さわっていい?」
俺「あ、はい・・・」
(つんつん にぎにぎ)
「あはははははは、撮っていい?」
と言ってリュックの中からカメラをだしました。
俺「あ、はい・・・」パシ!
答えると同時に写真を撮り満足げに帰っていきました。


どうか、使いまわしとナジラナイデクダサイ・・・

名作PV X japan rusty nail pv

こんばんわ、もじゃです。

みなさん、X japanはご存知ですか?
大概の人は知っていますよね。
伝説的なバンドです。
私はXが好きでした。
ヨシキが自由の女神で、パタがモヒカンな頃から好きでした。
そんなX好きの私が紹介するPVを見る前に、
注意
①Xをあまり知らない人が見ても普通の映像です。
②最低メンバーの名前とポジションが全員わかる程度の人は面白いと思います。
③熱狂的に好きな人は、これ以降は不快に感じるかも知れません。あしからず。















はい、どうでした?
この動画は、今日同僚のいたずらで、
私のPCのショートカットにいたずらして放映してくれたものです。
もう、仕事どころではないですね、
まず
ヨシキさん優遇されすぎです。
パタさん美化されすぎです。
トシさん、北斗の拳の悪者みたいです。
ヒデさん、どうせなら悪者はタイジさんにかわってもらいましょう。
え~と新しい人・・・・・
とまぁ、なんで、このようなPVつくったんでしょうか?

ヨシキがカメハメ波をかました直後に、ふらついたタイミングで
笑いすぎて椅子からひっくり返りました。

仕事、ちゃんとしてますよ・・・・

ミスト

おはようがざいます、もじゃです。

朝からどうも頭皮ピリピリ痛みます。
これはヤバイ兆候か?

まぁそんなことは置いといて、
【ミスト★★★★☆】*ネタバレはないと思われます*
IST.jpg


当たり外れの激しい、巨匠、スティーブン・キング様が原作者です。
前にも記事で書きましたが、弱者の立場で逃げ回る映画大好きです。
まぁ、ミストは逃げると言うより立てこもるんですが、その辺はショッピングモールに篭る某ゾンビ映画と一緒です。

霧というとなんか、神秘的だったり幻想的だったりします。そんなこともあってか霧の中に居る〔何か〕が幻想的に見えたりします。
また、この映画の脅威は、〔何か〕よりもやはり人間の集団心理でしょう。

感想のくくりとして、
物凄く大事な決断をする時、時間が許すまでゆっくり考えましょう。
って感じです。

む~しかし頭皮痛い・・・とうとうきたのかな・・・・

シベ君とは

シベ君の正義の続き

シベ君と別れ、家に帰ると母親は泥だらけで鼻血出した息子を見てかなり狼狽していた。

次の日シベ君は学校に来なかった。

しばらくして、母親からシベ君が引っ越していたことを聞かされた。

時間は流れ、5年生の終わりになった。

3年生の時の事件はかなり自分の中で整理されていた。
クラブの顧問が、シベ君が3年生の時の担任だった。
ふとした話しからシベ君の話しになった。

その話しによると、シベ君は3年生の本当に始めの頃は、暴力は振るわなかったらしい。
「師匠(私)と約束したんだ」って言ってこらえたらしい。シベ君は声もでかく、正直授業にも着いていけてなかった。そんなシベ君をクラス中で馬鹿にしたらしい。
それが原因で引越したそうだ。

私はシベ君を校庭で叱った時の顔を思い出した。
すっごいすっごい悔しかったのにずっと我慢して、
我慢できなくなって・・・そしたら怒られて。

しかも約束した側は、只問題児を抑止できる唯一の存在だと優越感に浸ってる馬鹿なのに、シベ君はそんな奴の約束をギリギリ迄守ろうとしてくれていた。

6年生のにやられた時、全然逃げれたのに、居たことすら気づかなかったのに、自分から助けに来たシベ君。
当時はそんなシベ君を表す言葉がなかったが、

今シベ君を誰かに伝えるなら、
世界一気高く、ダイアモンドの心を持った不器用な男の子でした。

シベ君の正義

シベ君の葛藤の続き

一緒に逃げ遅れた友達の名前は覚えてませんが、捕まった瞬間から凄い勢いで泣いてました。
6年生の中の一際でかい男が、
「ここは俺たちが去年から使ってるんだ・・・」
見たいな事を言ってました。
そして、「誰がここに勝手にこんなの作ったんだ・・・」
見たいな事を言って、一緒に捕まった奴が、あっさり俺が立てたと言いました。
一緒に捕まった奴は解放されました。

私は相変わらず、監禁中です。
その間何を言われたか覚えてないですが、最終的に6年生達は基地を破壊し始めました。
一生懸命作った秘密基地が、目の前で面白半分に壊されてきます。
とてもとても悔しかったのですが何も出来ませんでした。
どうやら、何もかも壊さないと気がすまないみたいで、
自分たちで持ってきたであろうタンスやベットまで破壊しました。
最後にシベ君が高い木にくくり付けたロープ(ブルーシートを固定していた)だけ残りました。
6年生の中の一人が
「お前がほどいて来い」
と言い。木に登らされました。
なんとか木に登れたのですが、結び目が硬すぎて解けませんでした。
6年の中の一人が木の上にいる私に、せかす様に石を投げつけ始めました。
回りも便乗して石を投げ出しました。
私はとうとう我慢できずに泣き出しました。
怖くて・痛くて・悔しくて泣きました。
木にしがみつき、顔を木にこすりつけながら泣きました。
それからどのくらいの時間か解りませんが、
文字では表現できない叫び声が、物凄い大きな音を上げて近づいてきました。
顔を上げるとシベ君が20メートル位先から凄い勢いで走ってきました。

ただでさえ声のでかいシベ君が、聞いたことも無い大きな声をあげながら6年生達めがけて突進してました。
シベ君とは遊ぶ約束していないので、きっと一人で基地に来たんだと思います。
一番手前にいた6年生に殴りかかり、シベ君はそいつの腕に噛み付きました。
そいつの腕からかなり血が流れてました。
勿論シベ君は捕まりボコボコにされました。
シベ君の目は校庭で見た時と同じように悔しさで目が真っ赤でした。
シベ君はあきらめませんでした。
絶対におとなしくなる事がありませんでした。
最終的に1番でかい奴がシベ君に馬乗りになることで何とかシベ君を抑えてました。
噛み付かれて血を流している6年生が不機嫌そうに私に石を投げてきました。
見事顔面に当たり私はまた泣きました。

その直後シベ君は一層大きな叫び声を挙げて、上に乗っていた6年生を払いのけ基地の入り口の方へ走っていきました。
6年生達はシベ君が逃げたと思いみんなで笑ってました。
私も逃げたと思いました。
しかし数秒で、今度は無言で走って戻ってきました。
シベ君の手には細い鉄パイプが握られてました。

その鉄パイプは、森を探検する時に(武器)として振り回して遊んでいたものです。

その鉄パイプを持って、私に石を投げた奴めがけて突進してました。
しかしその前に取り押さえられ、シベ君は一層ボコボコにされました。

6年生は面白がって私に石を投げました。
鈍い音がするたんびにシベ君は叫び声を挙げました。
そんなシベ君を6年生達は面白がってました。
最後は木から引きずり下ろされ、同じように殴られました。
シベ君に噛まれた奴は最後までしつこく殴ってました。
暫くすると、6年生達は引き上げ、
私と同じように団子虫のような形になっているシベ君と目が合いました。
シベ君の顔は、血だらけの泥だらけで葉っぱとか凄かったです。
全然私よりも怪我してます。

私はその時シベ君の行動に感動・感謝とにかくたくさんの強い気持ちを持ていたはずなのに。
なんの感謝の気持ちもいえませんでした。
シベ君を家までおくり、
「じゃぁね」みたいな別れの挨拶をしました。
シベ君は何も言いませんでしたが、笑って手だけ振ってくれました。

それがシベ君との最後のコミュニケーションでした。
(続く)

シベ君の葛藤

シベ君との出会いの続き。

3学期に入りよくシベ君と遊ぶようになりました。
最初は2人で遊んでいたのですが、2年生になる頃には私の住んでいたマンションの同年代の友達も含めて遊んでました。
シベ君は物凄い運動神経の持ち主で、とても登れそうもない壁や木を登ってました。
シベ君の家に何人かで遊びにいったり・きたりしてました。
シベ君のお母さんも、よく私の家に遊びに来るようになってました。
始めは、一緒に遊んでいた仲間に挑んでしまう時もありましたが、少し時間が経つと問題行動も仲間内ではしなくなりました。
でも、相変わらず授業中いなくなったり、休み時間終わっても教室にいないなどの問題行動はありました。
その度に、担任に要請され連れ戻すのですが、それがとても心地良かったことを覚えています。
私は、〔人に喧嘩を挑んでしまう以外の問題行動を直してやろうという〕というおごった気持ちになっていたと思います。
シベ君が何か問題行動が起きそうになると、いちいち叱ってました。
問題児のシベ君が自分の言う事だけが聞くというのが心地よくて仕方がなかったんです。
クラスのみんなにもそれを知って欲しくて、わざわざみんなの前でしかったりもしました。
今思うと、凄く無知で残酷な事をしていたと思います。
そして、シベ君はあまり問題行動を起こさなくなりました。

このように歪んだ関係になってきましたが、相変わらずマンションの仲間とは良く遊んでました。
でもクラスの友達とあまり遊ぶことはありませんでした。
この時期、マンションの近く丘にちょっとした森があり、その中に誰かが作った秘密基地がありました。森をちょっと入ったところにボロボロのタンスとかベットかが置いてあり、確実に誰かが作ったであろう秘密基地を勝手に自分たちの基地にしました。
ボロボロの家具しかないので、拾ってきたブルーシートや、勝手に持ってきた工具で、ホントにぼろぼろだけど、屋根と壁と床のある秘密基地にリフォームしました。
屋根・床・壁があると全然雰囲気も違い、仲間たちで毎日のように訪れ、その周囲の森を探検したり、ねずみを捕まえようとしたり、火遊びしたり本当に楽しかったです。

そんな楽しい毎日を過ごし、3年生になりました。
3年生になると、私とシベ君は別のクラスになり、全くというわけではないですが、
私は新しいクラスの友達遊ぶ機会が増え、シベ君との時間は減ってきました。
3年生の5月くらいに、校庭で違うクラスの男子を殴りまくってるシベ君を見ました。
私はシベ君に止めろといいました。
シベ君は殴るのを止めましたが、目を真っ赤にして鼻息を荒くし、とても悔しそうな目で私を見たのを覚えています。

暫くして、新しいクラスの友達を秘密基地へ連れて行きました。
多少後ろめたさもあったのですが、新しい友達にいい顔したい一心で連れて行ったのだと思います。
その時、秘密基地へは1週間位行ってなかったのだと思いますが、少し様子が変わってて家具レイアウトが変わっていたり、タンスの中にエロ本が入っていたり、あちこち微妙に変わってました。
その日はそのエロ本をみんなで読んだり、火遊びし、燃やすものがなくなったのでエロ本も燃やしました。

新しい友達も秘密基地を気に入って何度か遊びに行くと
ある日、同じ小学校の6年生が二人秘密基地にいました。
こっちは7人程いたので、臆することなく秘密基地に向かいました。
そうすると、
「お前らがエロ本燃やしたのか?」
と睨み付けてきました。
その言葉になんと言い返したかは覚えてないですが、
ここは俺達の基地だから勝手においていったお前が悪い。
みたいな感じのことを言ったのでしょう。

6年生の二人組みがその場を去り、私はきっと優越感にひったていたことでしょう。
何時間後か判りませんが、その6年生は何人いたか判りませんが大勢連れてきました。
私ともう一人が逃げ遅れました。
(つづく)

シベ君との出会い

こんにちわ、もじゃです。
ぶろともの、ひろぽすさんの過去記事を読んで思い出したことを綴ります。

小学校3年生の頃、シベ君という障害をもった男子がいました。
今心理学の勉強をして振り返ると、ADHD児童(注意欠陥・多動障害)だったんだと思います。
勿論、20年くらい前の話しですから、世間も障害について色々無知な時代で、子供はなお更そういった知識はありません。
学校でシベ君は只の乱暴者でしかありませんでした。

私とシベ君の付き合いは、小学校1年の時から始まってました。
1年の頃からシベ君は乱暴三昧でした。
でも私は当時から背だけはでかいので、向かってくるシベ君をやっつけてました。
シベ君は実にしつっこく何度も何度も、ほぼ毎日向かってきました。
だんだんその執念が怖くなり、カッター持ったシベ君に追いかけられる夢を見たくらいです。

まぁそんなシベ君ですが、ある時を境に仲良くなります。
1年生の3学期が始まる前、近所の駄菓子屋のような店があり
そこで、当時一番熱い、セイントセイヤの消しゴム(キンケシみたいなの)のガチャガチャをやってました。
私はゴールドクロスを着たセイヤがどうしても欲しくて、お年玉を大量に投入してました。
流石にこれ以上使えないなと思い、大量のガチャガチャを持って帰ろうと歩き出した時、
ちょうどシベ君が駄菓子屋から出てきました。
またいつものように挑まれると思い警戒すると、シベ君は私の両手を見て、「うちんち来る?」と言いました。
びっくりして勢いで、「いいよ」と答え、大量のセイントセイヤを持ってシベ君ちにむかいました。
今でも覚えているのが、歩きながら私が思っていたのは、「どうせこの大量のセイントセイヤが羨ましいんだろ、気分いいぜ」位なかんじでした。ホント嫌ガキです。

シベ君に案内された家は、当時私が上がったことのある家でNO1の凄い家でした。
シベ君が「ただいまー」とすっごいでかい声で言うと、ドアの向こうのリビングらしき場所からシベ君のおかぁさんが出てきました。
シベ君のお母さんとその時どんな挨拶したかは覚えて無いですが、髪が長くて綺麗な人だったと思います。
シベ君の部屋に行くと、そこは夢の世界でした。
びっくりする程のおもちゃに囲まれた部屋です。
触りたいもの・遊びたいだらけの部屋に入れられ完全に舞い上がって、今まで、喧嘩ばかりしてたことも忘れ、戦いごっこ(セイントセイヤの人形ぶつけて遊ぶ)してました。

5時のチャイムが鳴り慌てて帰ろうとした時、シベ君はセイントセイヤのおもちゃ(キンケシでは無い)を「あげるよ」見たいな事をといって差し出しました。
勿論頂きました。
家に帰り、母親が私の手のガチャガチャとセイントセイヤの人形を見て、その事を問いただされ事情を説明しました。
母親はお礼の電話(確認の電話?)をかけてそこからなんとなく母親ぐるみで仲良くなりました。

シベ君の家にいってから、私はシベ君に挑まれることもありませんでした。
しかし、私以外には暴力三昧でした。
でもシベ君は私が止めろというと、暴力などの問題行動は収まりました。
先生の言うことも聞かないシベ君が、私のいう事だけは聞きました。
(つづく)

ブログ通信簿

おはようございマッスル。もじゃです。
お友達の、カラバッシュさんのぶろぐで、ブログ通信簿なる物の記事がありましたので、
もじゃも、受けてきました。
qq.png
ほほぉ、マメさだけが取り柄ですね~
9日で21回の投稿。確かにマメですね。
ん?・・・・・・影響度低!
ほかはどうでもいいんで、ここだけは、高くありたかった・・・・

ん・・・・ん・・・・・
元トリマーにまたトリマー目指せと・・・
まぁ、平均点3.25上々かな?

ちょっとお使いに

こんにちわ、もじゃです。

今日は朝からもじゃ婦人の体調が優れないようです。
朝ご飯は昨日のハヤシライスの残りを食いました。
でも相変わらず元気出ません。
頭痛いようです。

と、いうわけでお薬買いに行きました。
薬局に着き、一番綺麗な薬剤師さんを捕まえ、
「頭痛に良く効くあまり眠くならない薬ってどれですか」
っと聞くと、
「少々お待ちください」
と言って少し奥の方へ行った。
薬剤師さんがほんとに綺麗で、
ボッサボサの頭でなんでこんなボロ雑巾のような格好して・・・・
これでは、ボサボサノッポ気持ち7:3バージョン・・・キモイ!!!
とまぁ軽い後悔している間に薬を持ってきてくれました。

なんか見たことない薬でした。

んでついでにミスドでドーナッツ買ってサクッと帰りました。

薬を飲んだ嫁は、「効かないぃ~」「ふぅ~んぅ~」とぐずってましたが
今はグッスリです。

効くじゃん!

嫁はかわいいです。

時代の流れ(犬)

こんばんわ、もじゃです。

皆様のブログを観て改めて感じるのが、
犬もおしゃれになっている!と、言うことです。

私は若かりし頃、トリマー(犬の美容師)をやっていました。
学生時代私は、プードルのカットはこんなやつです。
13.jpg
上の画像は、ショウクリップといい、
あまり一般の(ドックショウには出ないワンコ)ワンコにはしません。(でもたまにいました)
大体のプードルはこんな感じです。
2.jpg
なんか古さを感じません?
でも私が学生のときは、
poodle48.jpg
みたいなカットは却下されました。
(*カット汚いとかではないです)
働くようになって、少し幅が広がりましたが。
やっぱり殆ど2番目の画像みたいなカットでした。

今トリマーの養成学校では3番目の画像のようなカットもこなしていくんでしょうねぇ。
仮に腕が全然衰えていなくても、センスの古さが露呈することでしょう。
ちょっと最近また切ってみたいと思うこの頃です。

クローバフィールド

こんばんわもじゃです。
少し前に見た映画の紹介です。
【クローバフィールド★★★★☆】
hakaisya.jpg
始めにこの映画の存在をしったのは、王様のブランチの映画紹介でしたが、
その時の印象は、ブレアウィッチのビックスケール版だと思ってました。
だって、ハンディカメラでドキュメント風だと、ついそうおもいません?

しっか~し、ブレアウィッチとは比べ物になりません。
私は好きです!圧倒的弱所の立場で未知の物から逃げ回るやつが。

NYに謎の巨大生物がやってきます!
絶対ゴジラより強いです!

でもこの映画好き嫌い以上に、見る人を選びます。
それは、カメラ酔い・・・
ハンディカメラで撮っている設定なので、
主人公たちが走れば、同じように走って揺れ。
主人公たちが転べば、同じように転んだ視点です。
ゲームのポリゴン酔いとかする方は途中辛くなるかもしれません。

まぁ以上のように少々見る人選びますが、面白いですよ^^

あ、あとこの謎の巨大生物、
【べオウルフ★★★☆☆】
beowulf.jpg
に出てくる、グレンテルという怪物に姿と挙動が酷似しておりますw
偶然でしょうかねw

おはなの事NO_01(猫)

おはズバ!もじゃです。
うちでは猫を狩っています飼っています。
こんな子です、
OH001.jpg
かわいいでしょ~
いや
実物はもっとかわいいんですよ!

おはなという名前です。女の子です。
もともと野良ちゃんでした。

おはなの事を書くとほんとぅ~に長いので、いつか分割して投稿していきます。

あまりたいした事書かないくせに書きたいことはいっぱいあります。
なんなんでしょう?寂しがりですか?私はw

よく見る夢

おはようございます、もじゃです。

今日は私が良く見る夢について綴ります。
私が良く見る夢、大体、月1・2回見ます。
それは、
トイレがつまって溢れる夢です・・・::
実際に小学生の頃ズボラな私は、トイレットペーパでは無く普通のティシュを使って詰まらせたことがあります。
そのトラウマなのでしょうか・・・・
夢によって被害はまちまちなんですが、
水面ギリギリだったり
ギリギリ溢れたり・・・・
でも今日の夢はもう完全に床上浸水と言っていいくらいでした;;
そりゃ床上浸水だから色んなものが噴出しとります・・・
不快な夢です。

もし、夢の内容を診断・解析できるような方いらっしゃればコメントお願いします><
あ、同じような夢見る人も、それ以外の方もコメントうれしいですw

Hedwig and the Angry Inch

こんばんわ、もじゃです。
私の生活に音楽はありません。
嫌いじゃないし、多分音痴ではないとおもう。
でも自分で音楽を流すことは1年に1回あるかないかです。

しかぁし!そんな俺にも携帯に音楽の1つや2つは入ってます。
その中の1つが
【Hedwig and the Angry Inch★★★★★】
ヘドウィグ&アングリーインチ
直訳すと意味の判らないことばです。
でも観れば何に怒っているか良くわかります。

知った気っかけは映画なんですが、
hA.jpg
殆どジャケットで借りました。インパクトすげぇ~ですw
もともとミュージカルだったようです。
そんなこともあって、劇中に挿入される歌はとってもかっこいいものばかりです。
映画の内容もとても深く、2度見てレポート書いてなるほどね!
って感じです。
もし、この記事見て、映画見てみようかな~とか、聴いてみよっかな~
って思った人いましたら、1回映画を見てから歌を聴いてください。
元気でますw
お勧めは、Wig In A Boxって曲です。
音楽を必要としない私の数少ないお勧めですw

与えてもらった物を認識

こんばんわ もじゃです。

今日午前中のブログにも書きましたが、
おばあちゃんのお通夜でした。

色々感じることがあったので綴らせて頂きます。

まず、お通夜の話しの前に以前の私の話しから始めます。
以前といっても物凄く前なんですが、
私は人の不幸とか、死別や離別等なんとも思ってませんでした。
家族が死んでも困ることはあっても悲しいとはちと違うみたいな感じで、
自分の人生とか死とかなんかにも無頓着でした。
今考えると、死が身近に無いことをいいことに、
調子にのって何かを悟った振りをしている哀れな思春期の愚かな小僧です。
勿論、知り合いや友達の不幸なんかも全然他人事で、行事位にしか思ってませんでした。
そんな愚かな私ですから、浅はかな動機で人を傷つけたりもしました。

しかし、嫁と出会い、交際し、結婚そして今に至る過程の中で、私はかなり変わりました。
こんな事書くと嫁バカと思われますが、嫁の心は純粋です。良いとか悪いとかでは無く純粋なんです。物凄く不器用で、柔らかくて、深いです。
嫁は、私になにかあると凄く心配してくれます。とても深く純粋で色々な気持ちを私に照らしてくれます。
いつどんだけ自分が変わったか判らず、とても曖昧な感想でしかないですが、結果として私は以前より何倍も人の気持ちを汲めるようになりました。

そして今日おばあちゃんの通夜。
動かないおばあちゃんを見ていると、
可愛がってくれた思い出、普段怒らないおばあちゃんの怒った顔、連れていってもらった遊園地。
ありがとう。
そんなことを思い出しました。

そしたら涙が溢れました。
自分でも驚きでした。
そして思ったのが、
愛されていた事を思い出せるくらい、
愛された感謝の涙流せるようになるくらい、
嫁の気持ちは俺を照らしてくれていたんだなーって。
いつも自分がどれだけ変わったかとかって、とても曖昧で不透明で認識できないもの今日確認できました。
妻に照らされ続け、与えてもらった気持ちの何かが涙という形で認識できました。

G36c エチゴヤカスタム +α

重ねておはようございます。
嫁が気分に焼きそば作ってあげたら、やや安定していきたので本来UPしたかった内容です。
G36 C


反対側
DSCN0012.jpg
マルイ製G36c外装・内部カスタムです。
私のお宝です。
嫁に買ってもらった一番高額商品です。12万円位かかってます。

細かい内容は面倒なので割愛しますが、中身はエチゴヤさんていうショップでいじってもらってます。
ガスガンなら結構何でも自身あるのですが、
私はメカボ(電動ガンの機関部)が開けられません。
軽いトラウマです。
それは始めに買ったエアガンのメカボを開けて、パーツを組み替え、
よし!完璧!
とトリガーを引いてらモータ部分から眩い閃光とともに
あう・・・!
ヘソに電撃が走りました。
その数秒後黙々とモータから煙と異臭がして、散々な目にあいました。

ま、そんな事がありまして私は取り扱い説明書の注意事項を遵守し、二度と開けないと誓ったわけです。

エアーガンが好きな人っていくつかカテゴリー分け出きるわけですが、
1つはサバイバルゲームなどをしてみんなで仲良く遊ぶ人。
2つはお座敷シュータと言われる人で黙々と一人で・または極少数でカスタムしながらニマニマしているタイプです。
最後にコレクター。特にいじったりせずひたすら収集。
大体の人が、どれか、またはいくつかに該当すると思います。

ちなみに私はお座敷シュータです。ニマニマしてます。
嫁がいないときにこっそり家で打ったり・川の端っこでパンパン打ってます。

結構世間や女性に受けの悪い趣味ですが、これからも胸を張ってこっそり続けていきたいと思います。

ナーバスな貴女

おはようございます、もじゃです。

今日は朝から妻がナーバスです。

勿論理由があります。

私の方の身内に不幸があり今夜お通夜なのですが、

妻は中々親戚と馴染めません(母親以外)

無くなったのはおばあちゃんなのですが、

私の親戚はかなり問題があります。

三兄弟で、長男 次男 長女の構成で

父親は次男なんですが、長男のおじさんがかなり問題児です。

なんていうか、仕切りたがりなのに余裕がなく、

すぐにテンパリます。

その長男はテンパリだすと長女に絡んで親戚一同を困らせます。

おじいちゃんの争議の時も、棺桶のランクのことでへそを曲げ

「俺は参列するけど、もう喪主はしないから」


「おまえのとこでしきって勝手にやれ(長女夫婦」

等と病床のおばあちゃんを本当に困らせてました。

ほかにも多々問題はあるですが、よって今妻はナーバスです。

GO!TO!D.M.C!

本日三回目の投稿のもじゃです。
はい、いい加減勉強しろって感じですよね。
ちと休憩がてら色々な方のブログを見ていたら、
DMC デトロイトメタルシティについての記事が多かったので思い出を綴らせていただきます。
DMC
はい。見た目の通り最高にぐしょ濡れのビジュアルです。
左のポルナレフみたいな頭の人はロバートの秋山さんだそうです。
映画の中で秋山さんは、「ブルマ・・・」 「ブルマおかわり・・・」しかいってなかったきがします。
原作でもこのような感じなのである意味忠実に再現しています。
んでもって、映画の内容はそれなりに面白いのですが、一番の売りは、
音!音楽です!
正直デスメタルの印象はヴォォォォオォォ!ヴォォォォオォォ!
って唸っているだけだと思いましたが、全然かっこよかったです。
勿論歌詞なんてききとれやしないんですけど、いいです!いいんですよ!
なんていうか叫びそう叫びです!
ほんとにライブに行ったくらいテンション上がりました。

映画は嫁と見に行き、上映終了後ハリケーンのような余韻を引き釣り、食事を取ることにしました。
バイキング形式のイタリアンで店内は落ち着いた雰囲気でよいお店でした。
バイキング形式なので料理を取りに向かうと・・・
嵐のような余韻が、嵐のような衝動に変わったのです。
この皿全て投げ散らかしたい・・・・
料理を全部ひっくり返したい・・・・
目の前で食事をしている知らないおばさんが食べているパスタを顔面にぶつけたい・・・
そうです。私完全に感化されました。
DMCのファン風にいえば、私の体にクラウザー様の魂が降臨なさった!
こうなるともう食事所ではありません。
なんとか席に着き、嫁に「この雌豚めぇぇ!」と大声で心の中で叫び、とってきた料理はパスタ以外豪快に手で食ってやりました!
しかしこのような事では、クラウザー様の魂が収まるわけでもなく衝動はどんどん巨大化していった。
膨れ上がる衝動をなんとか抑え、会計を済まし駐車場へ行ったところで、嫁が携帯を店に忘れてきたことが発覚。
携帯取りに行く嫁・殆ど人のいない駐車場。嫁が店に入った。
決めた・・・開放しよう・・・
嫁の入った店に背を向けた。




ヴォォォォオォォァァァァァァァァァァアァァァァァァ!ケホッ!
駐車場に俺とクラウザー様の地獄の叫びが響き渡る。
丁度駐車場に入ってきた車は急ブレーキをかけ、歩いていた人は完全に停止している。
時間が止まった。これが俺とクラウザー様の力なのか・・・
しかし振り返ると、時間は止まっていなかった。
嫁の入った店からぞろぞろ人が様子を見に店の外まで出てきていた。
その群れの中から殺気立ったオーラをまとった嫁が歩いてくる。
我に返る・・・考える・・・そうだ!しらばっくれよう^-^

と、思ったが嫁と目を合わせている自分の状態がまるで、スーパーサイヤ人に変身する前のような気合の入った格好をしていることに気づく。
もうダメだ・・・と思いテンパリ出した俺の視界に、あまりの恥ずかしさに顔を高揚させ、目にはうっすら涙を溜めていた嫁が写る。
嫁の涙は美しかった。

紀元前1万年って・・・・

こんにちわ、もじゃです。
【紀元前1万年★★★☆☆】
という映画を観ました、時代的にマンモスなんかいるらしいのですが、
主役の原始人 スティーブン・ストレイトがイケメン過ぎて
マンモス以外に時代背景を感じるものがありません。
あ、途中巨大な肉食ダチョウが出てきますが、
結局紀元前1万年も1年も、映画で描写するとあまり大差ないな~って思いました。

この映画を観てピンと来る人はきたと思いますが、
【アポカリプト★★☆☆☆】
にお話しの大まかな流れが似ています。
ひっそりと暮らしていた部族に、ある時自分たちよりも優れた文明を持つ集団に
奴隷として拉致されます。
連れて行かれた先で、労働力or生贄とされちゃいます。
とまー基本設定は似てます。

では、あえてこの二つの作品に優劣を付けると。

描写で言えばアポカリプトの方が残虐です。
アポカリストの生贄のシーンは
【インディージョーンズ 魔宮の伝説★★★★☆】
の心臓取り出しシーン+首チョンパです。
一方紀元前1万年は、おもむろに三回位の高さから放り投げられ
意外と生き残れそうな方法でした。
ということで、お子様同席でも比較的安心して見れます。

話しの規模は、圧倒的に紀元前1万年の圧勝です。
主人公は自分の部族を始め、奴隷として集められた全ての部族を解放し、
敵国を壊滅させます。
しかしアポカリプトは自分の家族のみ助け、奴隷商人数人をやっつけておしまいです。

映画の整合性。
よくTV観ながらツッコム私としては、矛盾点を放置できないのであえて評価しますが、
圧倒的に紀元前1万年の方が突っ込みどころ多いです。
最大の突っ込みどころは、主人公の歩行距離!
彼らは元々雪深い山岳地帯でマンモスを狩って生活していたのですが、
完全にアフリカ圏辺りまで徒歩で移動してます。
少なくとも赤道直下辺りでしょう。
今とは大陸の形がきっと違ったのでしょうが、歩きすぎですw

とまぁ好き勝手に比較しましたが、話しの流れは多少似ていても
基本のコンセプトが全然違うんだとは思います。
紀元前1万年が大衆活劇だとしたら、
アポカリプトは、人間が支配する側になった時の残虐性や、
多数派になった時の悪魔の如きエゴ等を表現した作品です。

でも、あえてどちらか選んでお勧めするなら、
紀元前1万年ですね。観やすいし・・・・

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。