スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーストキッス♪

こんばんわ、もじゃです。
この記事のタイトルが気持ち悪いと思った方、
遠慮なくエヅイテ下さい。
私の風貌で、このタイトルは辛い。
でも変える気は毛頭ございません。

といういことで、ファーストキッス♪のお話し。

時は、18~19年前、場所は山梨県の河口湖の某別荘地。
そうです、私が空を飛んだ場所です。

その別荘地には乗馬クラブがありました。
妹が乗馬をやっていた為、クラブのオーナーや他の会員家族と
家族ぐるみのお付き合いがありました。
たまに別荘に泊まりにきてたりもしました。

当時小学校5~6年の私と同じ世代の子供が多く。
妹を通じ色んな人と合いました。
その中に、1~2歳年上の、いかにもお嬢様風の綾というこまっしゃくれた小娘がいました。

あれは冬でした。
私は父親の英才教育もあり、その頃にはモトクロスに乗ってました。
私はよくその愛車のモトクロでクラブに通ってました。
馬に乗るのは妹だけなのですが、家族ぐるみの為父親共々クラブに通ってました。

別荘にいる内は、毎晩夜はクラブでパーティー(宴会?)三昧でした。
その日、大人たちは酔っ払いに近い状態になりくだを巻きだした頃、
こまっしゃくれの綾が、別荘に上着を忘れた事が発覚。

今考えると、こまっしゃくれた綾の作戦だったかもしれません。
酔っ払いの大人たちはあてにならないということで、
バイクできた私が別荘まで取りに行く事になりました。
別荘まではバイクで片道15分くらいです。
後ろに乗っけて別荘に向かいました。

ジージャン越しに背中に当たる胸に、ドッキンドッキンでした。
頭真っ白です。
私は完全に無口でした。
こまっしゃくれた綾は何かいっぱい話してましたが、よく覚えていません。
今思うと、かなりブリッコなこまっしゃくれた綾だった気がします。

今思い出しました、
曲がる度に、「怖い!」といって胸を押し付けてきました。

まぁなんとか別荘につき上着を取りにいったわけですが、
一向に別荘から出る気配がありません。
私は背中おっぱい事件があり、どうにもこうにも居心地が悪い。
というか、緊張で吐きそうでした。

私はかなり強引に別荘から連れ出し、クラブへ向かいます。
その帰り道、エンストになりました。
こんな時に限ってなかなかエンジンかかりません。

一生懸命キックしている私に、
こまっしゃくれた綾「○○、キスした事ある?」
もじゃ「・・・・・・・・・・・・・」
聞こえない振りして頑張ってキック。
でも一気に変な汗が出るほどドキっとした。
こまっしゃくれた綾「ねぇある?」
もじゃ「ないよ・・・・」
キックをするのをやめて答えた。
目が純血するほど緊張する。
こまっしゃくれた綾が、無言で至近距離に近づいてきた。
もう、意識を失いそうな程緊張した。
こまっしゃくれた綾「したい?」
と、次の瞬間両手が私の顔に伸びてきた、
少し芝居がかった表情で、こまっしゃくれた綾の顔が近づいてきた。

ビビッタ。
あまりの唇の柔らかさにびびりました。
緊張のあまり、耳から変な汁が出るかと思いました。
こまっしゃくれた綾の唇が離れます。
こまっしゃくれた綾は、まだ芝居がかった表情をしてました。
また顔が近づいてくる。
また、唇が触れた。
やっぱり唇の柔らかさにビビリました。
と、思っていたら、こまっしゃくれた綾の、舌部が入って来ました。
これはビビルでなく、単純にびっくりしました。
そもそもそれがなんなのか解りませんでした。

それから、こまっしゃくれた綾は何事も無かったかのように、「エンジンかかりそう?」
といいます。
変な緊張のせいですっかり力みなぎった私は、
凄い勢いでキックし、見事エンジンかけました。
それから普通にクラブハウスへ戻りました。

ということで、
私のファーストキッス♪は、
1~2歳年上の、
お嬢様風の、
ブリッコで、
キスの時芝居がかっていて、
こまっしゃくれた綾という女性でした。

もじゃのエピソードに、自分のエピソードを思い出し、
よし、俺もファーストキス♪書くぞという方はポチお願いします。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「こまっしゃくれた」と言うのがどんなのをさすのかが
わからん^^;小生意気ってこと??ww
にしても今のもじゃんなら押し倒すかもやけど
若かったんだねぇ~www
やっぱファーストキスって特別なんだねぇ(* >ω<)
そこが女はヤキモチ妬いちゃうとこでもあるかもww

イイですなあ

おぉ!息子と同じ年齢じゃないですかw若いときに素敵な体験されたんですね。ウラヤマシス

描写がリアルでまるで官n(自粛)みたいでした。読んでいてドキドキさせる書き方が流石もじゃさんですね♪

>>サユ

こまっしゃくれたとは、大人ぶった・生意気なみたいなニュアンスで使います。
合っているかは解らないので、人に使うと恥かく恐れがあります。ご注意下さい。

確かに今のもじゃんなら、感謝の気持ちをもって応対しますね。
うん、絶対。

でもその当時は,頭真っ白だったな。
事故みたいな出来事だから、全然記憶飛び飛び・・・
て約20年前か・・・・・
俺ももうすぐ大人暦10年か・・・

>>jhonkosuさん

官能小説・・・・
いつか書いてみようとも思いますが、性癖ばれそうなんで自重します。

いやいや、人事ってドキドキしますよ~。

よし、これを流行らせましょうw

ファーストキッス、、

いつだったかなあ、、?
高校生?社会人?結婚式の晩?覚えてませーん。

しかし、もじゃのっぽ様、すごい経験ですねえ!事実は小説より奇なり、でしょうか。

No title

すごい娘ですね~。
なんか…何かを見たか読んだ後だったのか…。

そしてもじゃさんの反応が期待通りと言うか…。
いかにも男の子ってカンジでかわいいです。

アタクシはそんなこまっしゃくれてませんでしたから。
ただのエロい子供でしたから。
違った。
好奇心旺盛な子供でしたからっ。

見張り員さん

奇妙といえば、奇妙ですね。
完全にこまっしゃくれた小娘にやられました。

けっこうあちこちで、うろちょろしていると思いがけない出来事が起こるもんですね~
また起きないかな~・・・・

>>エロバシュ御姉様

こんばんは、ゲリバシュ エロバシュ 
カラバシュさん。

なんでしょうかね~小娘は完全に浸りきった顔でした。

それと、少年のような男の子の反応・・・・
私の中にちゃんとまだあります。
約30年暖めてます。
ただ、アダルトな煩悩が強すぎて目立ちませんが。

姐さんの子供時代・・・・
やはりリュックかな?・・・・・

No title

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

なんか…あたしって一体…o(TヘTo) クゥ
いや。自分が悪いのか。
さらけ出しすぎか。
いや。出すよりも性格&生活変えろってか。

子供の頃はリュックではありませんぞ。

カバン…持ってなかったような…?!
裸足で木登りとかしてたような…
アレっ?!
もじゃさんと同世代のハズなのに…?!
かたや乗馬、かたや猿そのもの?!

>>カラバシュさん

いやいや、乗馬は妹だけです。
やってもよかったのですけど、妹の後を追っかけるのが嫌だったのでやりませんでした。
木登りましたよ~ガンガンね!
そうガンガン!
落ちて肋骨にヒビも入りました。

No title

初コメ失礼しますー。以前はコメントありがとうございます┏○ペコ
思わず読んでいて、年甲斐も無く
トキめいてしまいました・・・(汗

P.S. 私は高校の時に同級生に、襲われました・・・(女の子に)

>>しもべえさん

今日の記事のタコうまそうですね~

さて、ニュアンスのみの、なんとなくの理解で使った、
〔こまっしゃくれ〕ですが、一応言葉で存在するようですね。
小生意気な・・・みたいな感じらしいです。
よかった~、危うく記事の編集するところでした。
でも御指摘感謝します^-^
私は恥ずかしながらこの手のMISS多いのでw

ていうか、しもべえさんも襲われたのですねw
まぁでも奪われたくらいの方が、話しのタネになるので今となってはありがたいですね、わたしはw

また美味そうな物見に行きます^^

No title

ああん・・こまっしゃくれと、こしゃまっくれ両方あったので一部コメントを削除してしまいました(汗
見られてたのね;;さすがだ!(動揺

No title

胸を押しつけてきてからのファーストキス・・・・
しかも舌まで・・・・
鼻血がたれてきますたww

あご

こんばんは

こまっしゃくれた・・・
アントニオ猪木がちいさくなったのか?
それとも、あごイサムがちいさくなったのか?
想像できなかったです・・・
しかもタイトルはファーストキス
これはあご落ちだなと思いきや
全く純粋な話でした・・・
大変申し訳ありませんでした。

自分のファーストキスはどうしたっけ?
思い出せなかったりします(笑)

応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします

純やねぇ

なんかドラマチックで、いい感じで芝居っぽい女の子に
ちょっと感傷的になってしまいましたw

惚れてまうやろぉーー!!
みたいな気分ですw

俺のファーストキスなんて封印したい思い出ですよw
あぁ、思い出してもた・・・w

>>ヒロシオさん

ちょっとあたっただけでドギマギしていた頃が懐かしいですね~。
あのピュア・ハートはいずこへ・・・・

大人になると感動に鈍感になるのですね・・・
悲しい事です。

>>しもべえさん

調べたといっても、しもべえさんのご指摘があってからなので、
安心できるのも、しもべえさんのおかげでございます。

ありがとうでした^^

>>サイドバックさん

www
こまっしゃくれるは、小生意気等意味で
シャクレとは一切関係ございませんw

猪木を10・つんくを1としたら、
6程度のあごLVですね、
幼い私は、ファーストキッスの余韻になんざ浸る余裕がありませんでした・・・

>>スパイクさん

今あんなに芝居がかった人としたら、
きっと吹いてしまいますね・・・
スパイクさんのファーストキッス・・・

さぁ記憶の扉を開きましょう!

ふふふふ

No title

ぎゃーーーー!

胸キュンですーーーー!!
こういう甘酸っぱいのいっぱい読みたいですよ(笑)

>>saraさん

こんちわ~、おいちゃんもこういう話し聞くと涼しい顔してますが、内心キュンキュンしてしまします!

ていうか、何人目から忘れるのでしょうね・・・・
こういうの。

PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。