スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなる対岸


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
おはようございます、もじゃです。

今日は天気もいいです。
オークションも売れる気配がありません。
困ったものです。

思いでです。

私がまだ小学校3年生くらいの時です。
笑顔も幼く引っ込み思案で、可愛らしい、南海キャンディーズの山ちゃんみたい(髪型がなね)な男の子がいました。

空をとんだりチュウをしたりした例の別荘に行った時のお話し。

その別荘は山梨県にあり、富士五湖の近くです。
富士五湖の中に西湖(サイコ)という湖があります。
そこはウィンドサーフィンが盛んな場所です。

で、親父も突然始めました。
何の前触れもなく一式揃え、突然でした。
真新しい装備とチビもじゃを携え西湖に向かいます。
親父は運動神経がよいです。
すぐにボードの上に立って、セールを持ち上げなんとな~く進んでいます。
チビもじゃは水泳をやっていたのでその辺で遊んでました。

ちょいちょい親父の動向は気にしてました。
本当に短時間で今日が初めてとは思えないほど上達してます。

水辺で年相応に可愛く遊んでいると、
「チビもじゃ、一緒に乗ってみる?」
と親父が言います。
チビもじゃは泳ぎに自信があるのでライフジャケットさえあれば、最悪泳いで帰れるし・・・
と、たかをくくり了承。
船出です。(ウィンドサーフィンのボードは、普通のサーフィンのボードの倍くらいあります)

気持ちよかったですよ~
グングン進んで。
途中親父は何度か落ちましたが、やはり初日にしては凄いもんです。
あっという間に沖にきました。

少ししたら親父がいいます。
「ちびもじゃ、降りて」
???????????
「なんか流されて戻れないから・・・降りて・・・・」
泳げばいいや~と思っていたのは確かでしたが、
こんなにあっさりと、しかも沖で悪びれもせず言われてムッとしました。

無言でボードを降りました。
本当に湖のド真ん中でした。
親父のワゴンが米粒以下の大きさです。
泳ぎました。
泳ぎました。
泳ぎました。
進んでいるかわかりません。
怖い話を思い出した、
湖の湖底には藻がぎっしり生えていて、それが足にからまり何人も死んでいると。
足に浮遊している何かが当たるたびにメッサビビリマス。

泳ぎます、泳ぎます。
全然進みません。
そして親父を探すと、私より進んでません。
風が弱くて進めないようです。
親父のところに向かって泳ぎました。

泳いで戻るの無理・・・
と言い勝手にボードに乗りました。

親父も私の疲労を察したのか、諦めて対岸に向かい
そこから歩いて湖畔を回り後でボードを回収する作戦の説明をしちびもじゃも了承。
対岸へは早かったです。
あっという間に岸に着きました。

岸につき、土手みたいなところを上がった時、風がふいてきました。
「やっぱ、ちびもじゃ、そこのレストランで何か食べていて待っていて。」
そこにはログハウス調のレストランがありました。
以前にも言った事のある店です。
返事を待たずに親父は、颯爽と崖をくだりボードに乗っていってしまいました。


sf


置いて行かれたので、もう言うとおりにするしかないです。
その店はよくウェットスーツ着たまま食事を取る人がいるので、
水着+ライフジャケットの組み合わせでも問題ありません。
でも明らかに小学生1人の入店は違和感全快です。

ドギマギしながら席に着きました。
外が見えるテラスの席に座りました。
お店の人も丁寧に客として扱ってくれます。

カレーを頼みます。
腹ペコなのであっという間に食い終わります。
親父の車はまだきません。
親父の車は下品なエンジ色のワゴンで少し目立ちました。

目の前の湖畔の道路を見ながら待ちます。
来ません。
手持ち無沙汰なので、ポテトを頼みます。
ポテトを食べます。
目の前の湖畔の道路を見ます、似たようなワゴンが来ると、ドキッとします。
でも来ません。
食べ終わります。

手持ち無沙汰が再来です。
ポテトを頼みます。
目の前の湖畔の道路を祈るような気持ちで見つめます。
親父は来ません。
食べ終わります。

おなか一杯です。
でも手持ち無沙汰はイヤなので、
ポテトを頼みます。
目の前の湖畔の道路を、このまま当て付けで死んでよろう!という突飛な妄想をしながら見ます。
親父は来ません。
多分1時間半以上待ってます。
でも来ません。
とっくに食べ終わってましたがもう食べたくないです。
でも手持ち無沙汰です。

親父の車が来ました、下品なエンジのワゴンに屋根には見たことあるボードを積んでます。
間違いありません。
どんどん近づいてきます。
運転手は親父です。
100%確定です。
感極まります。
通り過ぎていきました。

ポテトを頼みます。
目の前の湖畔の道を見つめながらどんな死に方をしてよろうか考えまくりました。
いい加減、店の女性のスタッフは心配して声をかけてきました。
お父さんかお母さんは?みたいな感じです。
多分素直に待っていると伝えたと思います。
店のスタッフ内に動揺が走ります。
スタッフ1「捨てられたのかしら(真剣な声)」
(めっちゃ聞こえてます。)
スタッフ2「警察に言った方がいいのかな・・」
(いっそ、そうしてくれたほうがいいかも・・・)

そうこうしているうちに、親父が去っていた方の道から下品なエンジ色のワゴンが来ました。
今度はちゃんとして降りてきました。

親父は心配してくれた店の方々に謝罪とお礼を言うと会計をしました。
私は泣きそうなので車に先に戻りました。
確か店の方々にお礼は言ってなかったと思います。
今となって思うと、シツケのなっていない小僧です。

親父が車に乗ってきました。
何故か親父は楽しそうな顔をしてました。
そして言いました。
「お前ポテト食い過ぎだろw」
イラっとしました。


そして少年はまた1つ大きくなった・・・・
でも最近もじゃはドンドン小さくなっていないか?
といういやな事言う人意外はポチッポチを。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あなた,,,,可哀想に^^;恐かったやろうに心細かったろうに^^;
なんてマイペース父;

>「お前ポテト食い過ぎだろw」
そりゃイラっとするわww
よく泣くの我慢したね~きっと思い出しながら号泣なのでしょうwww
ヨシヨシヨシ^^www

>>サユ

なんか、コンビニみたいな店に着いたときに思いだしたらしい。
クソ書くの忘れた!

マジで泣きそうだったw
今振り返って思うと・・・怒りしか沸いて来ませんな~

ガッテム!!!

かわいそうに・・・・(TTOTT)
地図を見て事の重大さがわかりました!!!

それにしても通り過ぎていったのにゎビックリしました(○゜◇゜○)!!
お父さん・・・”笑

かわいそうなもじゃさんを今日も応援です。・゚・(ノД`)・゚・。

>>ァイさん

こんちわ~、
今ソファーに麺つゆをこぼし、嫁にばれないよう必死に隠蔽工作を行ってます!

違うコメレスにも書いたのですが、忘れてたらしいです。
息子の事・・・

あの瞬間はもしかしたら、山梨県一番可愛そうな小学生だったかもしれません。

いつも応援ありがとうございます^-^

絶対にばれますよ”笑
ウチもたまにされますが・・・
奥さんも、隠ぺい工作してるもじゃさんの姿を思い浮かべたら可愛くてきっと許してしまいますね(((●`ψψ´))

お父さん・・・・息子を忘れるって??”笑

>>ァイさん

ほっほっほっほ~
かなり少量なのもありバレませんw
ググッってよかったw

ていうか、嫁もブログ読むのでバレるんですがね・・・

心配していただきありがとうございます^^

子忘れ

かの長嶋茂雄も球場に息子を忘れて帰ったらしいけど、
もじゃ父もそれぐらい大物だったのかもしれませんねw

子供のころは、一人にされると心細いもんでしたね~
俺も迷子になったとき、一生デパートから出られないのかと、悲観にくれたもんでした・・・

>>スパイクさん

こんにちわ~^^

長嶋茂雄には程遠い父ですね~。

私思うのですけど、迷子になる人って決まってますよね~

ちなみに私も迷子になります。
妹はなりません。
この差はいったい・・・・

こんにちは。
はじめまして。
あし@からきました。ANZUです。
よろしくお願いします。

かなり、泳いだのでしょうか?
凄いですねー!!

今後とも、よろしくお願いします。

コバンワー♪

ベーコン似の もじゃパパ にますます惚れますわ。
すごい神経ですね~。あははははっ!!!!!
コンビニで思い出したって!
あはははは!!! 忘れてたんかーいっ!!
そうやってもじゃさんが出来上がっていったんですね…( ̄w ̄) ぷっ

>>ANZUさん

コメントありがとうございます(*^_^*)

えっとですね~
私が泳いだのは、せいぜい5分程度ですね~(笑)

またいらしてください(^O^)
お待ちしています。

>>カラバシュさん

こんばんは~
そういえばカラバシュさん、もじゃの親父が大好物でしたね~
ま、読んでの通り酷い奴です。
プライスレスな思い出が出来たんでゆるしますがね・・・・
でもたくましく育ちました。
この一年後くらいに、セールを外したボードとオールだけで縦断出来るくらいにはなってました。

今書いていて思い出したのが、よく湖の中でオシッコしたな~(*^m^*) ってことです。

いつも思うんだけど、もじゃ父さんって、すごい豪快な人だよね^^;
兄さんは散々な思いをして来たんやろうなって思いつつも、
そのやり取りに爆笑してゴメン;; 
けど、みんなから愛されてるって感じもするな。
もじゃ兄さんもそうだしね^^

兄さんがカフェ待ちの間、もじゃ父さんは何やってたのかは聞いた??^^;
目の前素通りって、ショックだねー;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぞっとしたこと

ちょっとだけ特撮ヲタの俺がやってきましたよw

湖の中にイロイロあって引っ張られる・・・ってフレーズ、かなりコワイです!なんかウルトラQとかウルトラマンのベムラーやジラースの出てくる湖を思い出してしまいました・・・。

でもまあ無事でよかったwお疲れ様でした。

こんばんは♪

もじゃさん、よく泣かずに待っていましたね。
長い時間、一人で待つのって心細いよねぇ~
それも小学生でしょう~
私もきっとポテト何度も頼むなぁ~
しかし頑張って泳いでいたんですね。
可愛い!

応援(*´∇`)ノ凸ポチポチ☆

幼稚園の時、沖まで流されたことありますけど、かなり怖いですよね。もう助からないんじゃって思ったり。
でもあの時は父親に助けてもらいましたよ。なんかもじゃさんと逆ですねw

それにしても車が米粒ほどになるとは!
相当離れてたんじゃないですか?w

>>ふぃるちゃん

私がポテトで腹いっぱいの不安一杯の時、
親父は、無事岸に戻り、
新しいウィンドウサーフィン片付け、脱ぎなれないウェットスーツを脱いで、
満足してコンビニに行って、そこでもじゃの事を思い出したのでしょう。

まったく!まったく!も~~~~!!!

>>jhoncosuさん

おはようございます^-^
モスグリーンの湖ではなかったのですね~。

でも出てきてもおかしくない気が・・・・・
でも生息するにはちっこいかな~。
角とかでちゃうかも・・・

ラッキーママさん

コメントありがとうございます^-^
いや、泣きそうでしたよ~、
きっと優しい言葉の一つもかけられれば、ホロリです。

しかし!
残念ながらそのような言葉かけられませんでしたw

そうです、私かわいいです!

応援ありがとうございます!

>>PtSKP さん

うは!
もしやそれは、離岸流というやつですか!
素晴らしい御父上をお持ちで!

そうですね・・・
逆ですね・・・
へへへ・・・

そうですね~自分では何キロもあるように感じましたが、
どの位離れているのでしょう?
う~ん米粒としか言い表せませんね~^^;
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。