スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚立と母


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

おはようございます。もじゃです。

今日は5時半起きです。
特に理由は無いのですが起きちゃいました。
今はもう眠いです。
一日が2時間増えると色々できますが、
早起きは後悔します。
眠いッたらないです。

んで、思い出です。
この話は物凄く古いです。
私が3~5歳の間の事です。

恐らく両親が祖母の家からでて初めて家族だけで暮らす時だと思います。
マンションに引っ越しました。
11階建ての11階です。
角部屋でベランダも広く(6畳くらいあったかな?)
天気のいい日は富士山なんて見えたりもしました。

今ではすっかり丸くなった母も、当時は気を張っていたせいか、かなりヒステリックでした。
まぁ母親といっても人間ですから、余裕の無い時はヒステリックにもなるでしょう。
多分私と妹は部屋で遊んでいたのでしょう。
父親は仕事です。
母親はベランダの掃除をしています。
んで、事件が起こりました。
ベランダの窓の鍵が閉まりました。
不意に閉まったのか、俺が閉めたのか・・・・
多分俺が閉めたのだと思うのですが・・・
結果閉まりました。

母親は少し不機嫌そうにジェスチャーで鍵を開けろと訴えます。
(当時母親のこの怒りに満ちたジェスチャーが怖かった)
いそいそと私は鍵を開けようとしたのですが開きません。
どうやらロックが掛かったようです。

母「ロック!ロッック!!!」
窓越しにロックの存在を甲高い声で私に訴えますが良く解りません。

母親は痺れを切らしたのか、窓を外そうと、ガタガタガタガタ!!!!

と、窓を大きく揺さぶります。
まじ恐怖です。
鬼気迫る顔して大人がそんな事をしてはいけません。
でも所詮そんなんで窓が外れるわけも無く、

母「ロック!ロッック~~!!!」
と、喚きます。
軽いパニック状態の母と私、そして傍観している妹。
ふとロックの存在に気付きました。
そして母親の顔を見ました。
ロックに気付かない振りをしました・・・
開けたら殺されるかも・・・と幼心に危機を察知しました。

そこで私は妹に開けさせようとして、妹を呼んだのですが、
呼んだ瞬間、

母「ロック!ロッック~~!!!そこ~~~!!!!」
もう、近寄りたくも無いです。
そんな言い方あるか!っと子供ながらに思ってました。
少しむくれたのを覚えてます。
そんなむくれた私の態度で勢いづいたのか、

「離れて・・・」
と言うと、ベランダにあったでかい鉄の脚立を掴むと、勢い良く窓にそれを投げつけます。

ガッシャ~~~ン 

脚立が窓を突き破っり、突き破った脚立はリビングの中央くらいまで滑っていきました。

泣き出す妹、涙目の私。
そして不甲斐ない息子へ向けられる怒りのオーラ。
何も悪くない少年にはあまりにも理不尽空間でした。

まぁ今では信じられないくらいまるくなってますがね~母は。

あれ?でも鍵は多分君が閉めたのだよね?
と、冷静に突っ込める貴方ポチポチを。
そしてみんなでポチポチしてもじゃを調子に乗らせよう!


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やるなぁ、もじゃ!!
流石もじゃ!!
朝から笑わせてくれるもじゃ。
鍵を締めてもいいよぉ~。
何をしたってもじゃは、もじゃ。
長生きしてくれもじゃ。

私も子供にやられた事がある。
近所の手前大騒ぎは出来なかったけど、ようやく入ったら鬼のような形相で怒り狂ったに違いない。
外で感情を押し殺していた分プラスで・・・。
コエッ。

>>ケロちゃん

あ!外ではジェスチャーだったのは世間体か!
も~ね、ほんと鬼のような形相でした。

いやね~マジで怖いよ~
今でもオレンジの鉄の脚立が窓をぶち破る光景が思いだせる・・・

コエ!

母,すげ~~な^^;大爆笑!お見事!鬼!
あたしはまだされたことないけど,鍵は開け閉めできるんよね~でも今の奴にされても,「ロック」の意味もわからんし,何が言いたいのかも理解してくれないから,もう終わりだよ;;鍵もあたしとダンナしか持ってないしww
外出る時は気をつけよ~~っと♪
もじゃんみたいな子に成長したら絶対悪さして放置だろうからww

やだやだw

す…すごい…

そして…

怖い…w


えぇ~!!
かなりワイルドなお母様だったんですね(^^;)

防災訓練の一環だったかもしれませんよw

ぎゃーーーーーーーーwww
小さいお子様の居る家庭でそんな事してはいけませんっv-356
そりゃトラウマ必至ですね・・・間違い無い。。。
人間ヒステリックになってる時は何するか分かりませんねv-356

てか、もじゃさん面白いエピソード有り過ぎですから~~~v-363v-363v-363

コンバンワー♪

いや~すごいお母ちゃんですね~♪
っつーか、いたずらしといて「理不尽」とか言うてもねぇ…。
ちなみに、私は学生の頃部屋のドアが開かなくなり中に入れなくなったことがあります。飛び蹴りしましたけどねっ。あ。ネタにしよう…。

3~4歳の年齢なんて、本能で動いてますからね。
でも怖くてあけられないって・・・母親かわいそ~(^^;)

あれ?

でも何で鍵しまったんだろ?

コンバンワ!

コワイですな・・ウチも昔一度だけ息子が赤ちゃんの頃ヤラレタコトがあります!その時は賃貸だったので管理人に開けてもらったっけ・・。懐かしいデス。

それにしてもお母様・・。強すぎるwもじゃさんとこに子供さんが来ても決して同じコトはしないであげてね。

毎度毎度もじゃさんの記憶力の良さに脱毛です。
あ、脱帽だー。さむい。
よく覚えてますね~幼少期のこと><
わたしあまり覚えてないのです。
でも、かわいらしい子でしたよー♪

というかもじゃさんのお父様もお母さまもキャラ濃いですね~
もじゃさんがキャラも顔も濃い理由がわかります~~笑

今日昼間に母のPCから一緒に見てたんですけど。。。

アィ母爆笑でした”笑
生まれつき天才なんですね(*´∀`人)”笑

応援も2倍です^^

>>サユ

ただいま~、
いやいや子供は何するかわからんからね~
気をつけなw

今の季節外に締め出されたら寒いぞ~
そしたらサユも窓ぶち破るしかないね~。

>>あたしちゃん

あたしちゃんこんばんわ^^
怖かったね~なんか小さい頃の事って妙に覚えているのですよ~

う~~んと母はバイオレンスというよりは、
完全にキレキャラでしたね~
今では真ん丸もいいところですけどね~。

>>サイヲン

サイヲンこんばんわ~

ヒステリックになると怖いね~。
まだまだヒステリーエピソードいっぱいあるけど書けるものが少ないw

サイヲンは締め出されてもニコニコしていてね^^

>>カラバシュさん

いよっす!カラバシュさん。
飛び蹴りですか~やりますね~。
んでぶち破れたのですか?
気になるじゃないですか~

やっぱあれでしょ、修羅マッハ拳!

>>PtSkPさん

こんばんわ~

誰が閉めたかったって?
へへそれを言うなって~。
でも最初は何で開かないかさっぱり解らなかった。
でもそれ以上の謎は何故その時閉めたのか・・・

>>JKさん

こんばんわ~JKさん
おっと、被害者の立場からの意見ですな~w
多分私が赤ちゃんだったら、
もっと穏やかな対応だったのかな?

まぁうちのおかん豪快でしたな~。

自分の子供にはやらないと思いますw
嫁にも言っておきますね~w

>>melaちゃん

melaちゃんこんばんわ~、
そういえば、別ブログに顔出してくれてありがとうねw
へっへっへ~

なんか小さい時の事はかなり覚えているんだけど、最近の事はどんどん消えていくんだよ~
これってあれかな?
若年性のあれかな?
いやだな~・・・

それと私の顔は濃くないよ~
でもそれ以上に絶対薄くないけどね・・・
どっちやんねん!

>>ァイちゃん&ァイ母さん

うほ!
親子で応援は初めてです!2倍ありがとうございます!
こうなったら俺も嫁動員するかな???

そういえばァイちゃんところのチビザイルと同じくらいの頃かな・・・・
くれぐれも脚立で窓をぶち破らないようにね~w

うわははは!

アタクシは小さい時トイレの外側についてる鍵が何故か閉まってトイレに閉じ込められたことがあります。

それから家ではトイレに鍵をするのが嫌になってしまいました。
覗き放題です。

ぎょーーーー!!

お母様すげえ!!
しかしお気持ちはよーーーーーく、わかります。
私もありますよ、そう言うこと。
とっても腹が立ちます、「開けろ、開けんか!」とまるで刑事か取り立て屋。たぶん顔は、阿修羅でしょう。
私の場合の不幸はてじかに脚立はなかったこと、、。

>>saraさん

おっと!
同じ理由でうちの母親もトイレをドアを閉めるのが嫌みたいです。
トイレどころか風呂も開けてます。

そうですか~saraさんの旦那様はその辺りを許容するという条件も飲まなければならなそうですねw

>>見張り員さん

こんばんわ~
見張り員さんも被害者様でしたかw

JKさん(jhonkosuさん)も被害に遭われているみたいなので、意外と良くある事なのかもしれませんね。
でもホント阿修羅の如くでした。

それと~見張り員さん♪
脚立は投げるものではないですよ♪
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。