スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚に捧げるジャムサンド


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

こんばんわ、もじゃです。

今回のタイトルはたった今嫁に吐かれた台詞です。
愛情たっぷりの優しい言葉です。
別に記事の内容は関係ないですけどね~。

さて、日本アカデミー賞を見ていて思ったのが、
というか、日本アカデミー賞だけではないのですが、モノマネや歌番組・お笑い等様々な大会ありますよね?
あれってかなり不透明ですよね~。
なんで一般投票で決めないのでしょうね~。
第一・・・・堺正章に何が解ると言うんだ!!!
審査委員長???
私はテーブルクロス引っ張るの以外は認めません!

そういえば今日判断に迷う事例が起きました。
皆さんバスには乗った事あると思うのですが、私の乗っているバスは半分優先席です。
いつも9時30分くらいのバスに乗るのですが、老人だらけです。

あれってやっぱ一人掛けから埋まっていきますよね。
私は優先席では無い一般席の一人掛けに乗っていました。
一人掛けの優先席・一般席は私が座った時点で満席です。
次のバス停で、少し根性悪そうな推定60代の婦人が乗ってきました。
車内の席は空いてます。
ただ、一人掛けは空いてません。
その根性悪ばぁさんは、私のまん前に立ちあからさまな圧をかけてきます。

あぁぁあ・・・とか言いながら腰をさすってます。
まぁ別に変わってもいいのですけど、車内はまだまだ席が空いているのですよ、
二人掛けとかの席が誰も座らない状態で空いているのですよ、
そんなに一人掛けがいいのか?この根性悪ババァーめ!
と内心思いました。
だから、全ての席が埋まるまで、決して譲るまいと心に決めました。
悔しいので寝たふりなんかなんかしません!
私が降りると、根性悪クソババァがやっぱり座りました。
別に変わってもいいのですが、なんか納得できないので譲りませんでした。

私って悪い子でしょうか?

前振り長いですが、職場の話しです。

同僚のE氏は、

abe.jpg

安倍サダヲに似てます。
勿論こんなに羨ましいもじゃ毛はしてませんが・・・

そんな彼は数日で辞めた仕事が多々あります。
別に彼が甲斐性なしとかでは無いのです。
仕事に対する姿勢や、人当たり、集中力等はむしろ優れているとさえ思います。
単純についていないのです。

E氏は
とある警備会社でバイトをします。
警備会社と言っても交通誘導のあれです。

あの仕事は研修があるそうです。
まぁ当然ですね。
何も知らないでやったら大パニックです。

その研修では一番初めに教わる事があるそうです。

教官「道路を走る車で、絶対に止めては行けない車両が4つあります。」
教官「なんだか解りますか?」

教官「はい、まずパトカーですね」

教官「うん、消防車も止めてはいけませんね^^次は?」

教官「はい!救急車も止めてはいけません^^残り解りますか?」

教官「解らないですか? 街宣車です^^」  
教官「あの黒くてうるさい奴です」

とまぁ、誘導の仕方よりも何よりも優先的に叩き込まれる事のようです。

しかしE氏はついていないので止めてしまいます。
ダンプ2台の後ろにいたそうです。
こんな時に限って静に走っていたそうです。

以下E氏談
*なので一人称の目線で書きます。


ホームセンターの前の信号の無い横断歩道の通行人の安全が任務でした。
なんとなく流れが切れてきたので、車の流れを止めて、歩行者を渡らせた。
歩行者が渡り終わると、停止していたダンプに通行を促す。
大きなダンプが1台通った。
大きなダンプが2台通った。
大きな真っ黒いバスのような物が・・・止まった。

その黒いバスは横断歩道を完全に分断した。
先輩は横断歩道のさきにいる。

中から、黒いジャージを着た坊主頭の男が飛び出してきた。
「貴様何とめんとんじゃ!」
見たいな事を甲高い声で叫びながら両手で胸倉を掴まれる。
何も考えずにただただ謝る、

バスの中から、湘南乃風の

waka.jpg
↑若旦那

若旦那のような男が手招きする。
坊主頭に襟首を掴まれてバスの中に引きずりこまれた。

(バスの中を見たら殺される・・・殺される・・・殺される・・・)
只ひたすら自分の靴だけを見ていた。
タバコ臭い車内だ。
たまに視界に飛び込む光景は、前方は放送室みたいだった。

中には6人くらいいた。
若旦那と一番後ろに座っているおじさん以外は坊主頭だ。
連れて行かれたバスの後方は、リッチな観光バスのようだ。

一番後部の席の少し手前で座らされた、
若旦那が口を開く。

若旦那「どういうつもりでこの車を止めたんだ?」
E氏「すいませんでした!」
坊主頭「答えになってねぇだろうが!」
若旦那「・・・・・・・・・・」
無言でガラスの灰皿を掴み、坊主頭を殴りつける。
若旦那「お前は黙ってろ・・・」
坊主頭はE氏のすぐ後ろに立っていて、E氏越しに灰皿で殴打された。
坊主頭は恐らく鼻血を出したのだろう。
今日支給されたばかりの制服の背中に雫が垂れてきている。

若旦那「いいか、俺達はこの国のために活動しているんだ。」
若旦那「この国は未だに侵略国に奪われ続けているんだ。」
若旦那「北では土地を奪われ国とホコリを奪われた同氏達が虐げられている」
若旦那「南では、侵略国が我が物顔我が国の領土とそこに住む日本人を蹂躙している」
若旦那「解るか?」
E氏「解ります!」
若旦那「何が?」
E氏「米軍が沖縄の人々に酷い事をして、北方領土も奪われたままです!」
若旦那「そうだ、お前はその同士の為に何をしている?」
E氏「すいません!何もしてないです!」
若旦那「そうだ、お前達は何もしてない、だから俺達が変わりに戦っているんだ」
若旦那「そんなお前に俺達を止める権利があると思うのか?」
E氏「全然ありません!」

若旦那は後ろの席にいる一番年配の男の方を見た。
そこには海原雄山のようなとんでもないオーラを出した男がいた。

最後に紙に会社名と名前を書かされた。
デタラメを書いたら殺されると思い本当の事を書いた。

バスから降りると腰が抜けたようにへたり込んだ。
すぐに周囲の人の悲鳴が聞こえる。
バスが通り過ぎてくる先輩が駆け寄ってきた。
立てないし声も出ない。
しきりに周りの人が、
「大丈夫ですか?」
と聞いてくる。
救急車を呼ぶ人もいる。
警察を呼ぶ人もいた。

通報者「街宣車から降りてきた警備員の人が背中を刺されたみたいです」

坊主頭の血を完全にE氏の血だと思っている。
なんとか弁解しようにも立てないし声も出ない。
先輩「大丈夫だからな!!今救急車呼んでもらっているから!」

結局パトカーも救急車も来た。
勿論怪我は無いのですぐに帰っていき、警察署に事情聴取の為連れてかれた。
先輩も・・何故か支店長も警察署にいた。

大事になってしまった。
これが若旦那の耳に入ったら殺される・・・
という事で、会社名を知られている以上ここの職場は危険だ!
辞めよう!


という事で辞めたようです。

腰が抜けた事あるか?
という話しからこんな貴重な体験談が聞けました。

若大将確かに怖いよね・・・って思った方ポチを


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~。

いや、、こっわ~~~!!読みながらマジ震えが来ました、、、この手の方とは絶対かかわりたくないです。お願されてもちょっと嫌です。
うちの前もよく走っていますが「頼むからうちの前でとまんないでくれ~」と内心願っています。
まあ、まず止まりっこないですが、、(ひきつり笑)。

コンバンワw

いやー怖い怖い((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル
コレも り・あ・る なんだよね?もーどんだけおもろいお話持ってるんすか!∩(´∀`●)∩アハハハ♪

この手の人、たまーに会社に電話かかってきますね。
社長相手に件の領土問題など延々と話し続けます。
エライ業務妨害ですわ。

たまーに見かける街宣車はでっけー黒塗りのバスですね~。見た感じ軍隊みたいだったんですが、こんなヤーさんみたいな人もいるんですね。
腰が抜けるって、マジ怖いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

でもほーんとたまーに見かけるぐらいなのに、そんな状況に陥ってしまうとは気の毒ですねえ…

都会は恐いなぁ~^^;
そんなんあったらそら腰ぬかすわ~
オシッコちびるかもw
そしたら余計殺される率高いねww
人生そんな経験なかなかできんのんじゃない?
逆にすげ~~!ww
もじゃん負けたね!くっそ~~!だね^^♪

E氏、災難でしたな。
若旦那が怖すぎます。
海原雄山のオーラも恐ろしいです。
街宣車を見ると、
「おっ、なんかやってる」
みたいな感じでしたが、考えが変わりました。
絶対に街宣車の方を見ないようにします。

怖っっ(゜д゜;;;)

街宣車ってみたことあるけど、
中にどんなひとが乗ってるかは見たことないです。。。

ヤクザより危険だとはよく聞きますが…

こんな身近にそんな話があったなんて…

警備員のバイトはしたくないですね。。。

え~~~!!
あの街宣車ですかぁ。
そんな人達なんですね。
同じ右翼を名乗りたくないなぁ。
しかし、その警備の仕事してみたかったんですが、やめときます。
世の中コエーーーーー。

「ポチクリクリ」って何かエロいと思うのは私だけ?
いや~ん。
クリクリ。

あの?何故にそのタイトルだったの?
詳しい説明よろしこ。

>>見張り員さん

こんちわ、
右翼的な思想を否定も肯定もしませんが、

私の知っている限り極端ですね。
今回の記事で言うところ、若旦那くらいのポストくらいが思想を元に行動しているといえます。

上と下は正直ヤクザと変わりません。
ま、私の小さな人生の感想みたいなものですがねw

でも、もめると100%来ますからね,街宣車w

>>JKさん

こんにちわ~JKさん。

やっぱ色々な企業が被害を受けるのですね~。

国会・都道府県・市の議員の所にも、毎日大量のファックスを送っているそうですw

迷惑ですよね~ぞんざいに扱って、街宣車なんてこられたらおしまいですもんね~。
まさに嫌がらせのプロフェッショナルw

>>PtSkPさん

こんちわ~イングラム届いたみたいだね~。
あとでじっくり舐めるように見に行きます。

そうですね、軍服の方々です。
東京では祝日のたびに元気よく活動しています。

みんながみんなチンピラではないと思うけど、
実は私の同級生の右翼に入った奴は、北方領土が島というのも知りませんでしたからね~。

>>サユ

うん、俺もチビル。

チビッタり漏らしたり、頭がオカシイ振りをするかも。
確かに街宣車に乗るという体験は羨ましい。

でも、怖いよね・・・俺 若旦那に絶対灰皿で殴られる・・・

サユ助けて!

>>シンジロウさん

いよっす!

若旦那ですよね~、あえて直しませんが、
私最後の方に、若旦那を若大将と書いてますよねw

これじゃ~加山雄三ですね・・・
怖くない!
でもからまれるなら、若大将の方が何倍もいい!
うん、怖いよ!
だって、それで生活できているのがまず怖い!w

>>あたしちゃん

こんちわ、あたしちゃん^^

もう、明日ワンピースか・・・・

んでね~ヤクザより危険。まぁ同じくらい危険かなw
でもね、何故そういわれるかと言うと、
ヤクザ=暴力団
右翼=政治団体
つまりヤクザより方が緩い。
あと、やっぱ街宣車が脅威です!

だから、あたしちゃん。乗りたくなっても乗っちゃだめよん^^

>>ケロちゃん

こんちわ、ケロちゃんが、抱いている右翼像通りの人はいると、思うけど実際右翼にも上位団体というのがあって、そこの層の暮らしぶりを考えると少数なのかもな~・・・って思う。

でも実際、右翼とか暴力団がいないと困る職業もあるのだよね~。

っと、あんま書き過ぎると大変な事になりそうだから自粛するけど、世の中は確実に綺麗なものではないですね~w


タイトルはね、お弁当のサンドイッチにジャムサンドがあって、それが嬉しかった!って話したら、嫁に言われたの。
グスン・・・

いつもクリクリありがとう!

すごぃ経験ですね
てゆか街宣車とめただけでそんな大事になるんですね((;゜O゜)))

うふふ

実は俺も害戦車←あえてこう書きます、
に乗ったことがあります。
もちろん、自ら進んで乗ったのではなく、
連れ込まれました。
「何を叫んでるんだ?」ぐらいの感じで見てただけなんですが、
産まれついての目つきの悪さが、災いしたようです。
同じようにボスっぽい人の前に座らされて、10分ほど
お話しました。
「これから、勉強して日本を良くします!」と
元気に答えたら、なんとか帰してもらえました。
いやぁ、あのときほどすごい勢いで長いものに巻かれたことは、
未だかつてないですねw

>>ァイちゃん

いやいや、ァイちゃん。
ァイちゃんの下にコメントしているスパイクさんも経験者だけどなるのよ~。

貴族か?w
ってかんじだねw

>>スパイクさん

うおおおお!!!!!!!

経験者きたぁぁぁ!

やっぱ特別講義は開催されてしまうのね・・・
どんな思想を持っていても 拉致監禁は勘弁ですね・・

そりゃ~生き残る為なら、ガンガン巻かれるべきですw
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。