スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知心理学のレポート

こんにちわ もじゃです。

そういえば、私大学生なのですが、(社会人もよっとります)
その事に触れた記事がないので、ちと書いてみます。

ザックリ割ってしまえば、私が専攻しているのは心理学です。
一応ITやっとりますが、人間は何処にでもいるので無駄になることはないでしょう。
通信制の大学なので、普段は学校に通うことはありませんが、たまに夏とか通います。

んで、普段は課題のレポートやテスト等をしてチマチマ勉強しているわけですが、
先々月くらいに出した、レポートが落ちました。
それが、認知心理学です。

課題の内容は、


ペグワード法を用いて自ら実験を行い、その手順や結果を記述し、結果や反省点について考察しろ。

という課題でした。


ペグワード法とは、ブルスキーらが考案した記憶術の一つである。ペグワードとは数詞と韻を組み合わせて記憶する方法であり、その簡単な例を記述すると
1=市場・2=忍者・3=秋刀魚、等、
単語の一部若しくは、大半に想起を促す文字を含ますことである。


というものです。

実験の手順
記憶対象をまず覚えます、例:人口密度の高い都市ベスト10など。
次に任意のペグワードを10個作成し、記憶対象と関連付けた文章等を作成する。
例でいえば、仮に人口密度1位がNYなら、【自由の女神が市場で迷子になる】とイメージで記憶します。迷子になってる自由の女神の映像を記憶します。
んで、実際想起する時、【自由女神が市場で迷子になる】なるだから
自由の女神=NY  市場=1  人口密度1位NYというふうに想起可能になるということです。

上記のようなペグワードを10個作成し、その正答率や順番通りかなどを記述し、考察するもです。

私が、疑問に思うのがこの自ら作成する行為が純粋にペグワード法の効果による想起を阻害しているのではないかという点です。
このペグワードを作成するにあたり、試行錯誤し苦労することで、ペグワードとは関係ない、【エピソード記憶】として記憶が強化されるからです。
【エピソード記憶】さっくりいうと思い出です。
つまり、実験結果の考察で、【エピソード記憶】による影響を避けるわけには行かないのですよ。
この実験では、被験者は試験実施者でもあり、全てのペグワードに【エピソード記憶】は大なり小なり付随します。
回避策として、自分があまりにも強い【エピソード記憶】をもったペグワードを変更するという手もありますが、変更したエピソードはやはり残ります。
そうなると考察の段階でやはりこの【エピソード記憶】は結果に反映された意識が被験者である実施者に存在します。
実験の結果に、ペグワード以外の要素が含まれている事を無視いいのでしょうか?確かに、課題はペグワード法を用いた想起です。
でもですよ、
でもですよ、
でもですね~

私は只の大学生ですけど・・・
私は2回も留年してますけど・・・・
私は誤字脱字多いですけど・・・・・・・

結果として体感した事象を無視して書いた考察に何の意味がある!


と思うのです。
はい勿論減点されました。
んで、落ちました。


ま~偉そうに書いてますが、レポート落とした理由はそれだけではないんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とにかく・・・

こんにちは!

難しいことは良くわかりませんが
頑張ってくださいね!!(笑)

応援ポチ!

>>サイドバックさん

私も難しいことさっぱり解りませんが、ボチボチがんばりますw

お疲れ様です

私も難しい事はよく分かりませんが・・・。

この法則って、ウチで使用している【ミソシッピー】とか【モナーズ】とは何か関連づけ出来るタイプの物なんでしょうか?

アホな事書いてスイマセン^^;

>>jhonkosuさん

いやいや、こんな文章読んで頂いたうえに、質問までありがとうございますw
【ミソシッピー】等は名詞以上の効果はないですねw
ペグワード法は、イメージにて想起する方法なのですが、
実際一般生活に役立つかというと、そうでもありません。
役に立つとすれば、知能テスト暗記力を測る領域で使えるくらいです。

無理やり使うとすれば、
jhonkosuさんがジョンさんに明日味噌を帰りに買ってくるよう頼まれたとします。
ミソシッピーを作るジョンさんを想像しておきます。
そして、jhonkosuさんが、
「あれ?何たのまれたんだっけ?」
となった時に、ミソシッピーを作るジョンさんのイメージが浮かんで、ミソシッピー→味噌だ!
ってなれば、この方法は正解です。

でもほとんどその場合、頼まれた時のやり取りを思い出して想起するほうが早い為、まったくといってよいほど、日常では使えません。

こんな使えない技術のレポートに1週間もかけたなんて、腹が立ちますw

No title

アスパラガスから着ました

多少、心理学というものに興味があったので高々一高校生ですが僭越ながらコメントさせていただきます

レポートの前文を読んでないのでこちらの想像を含めさせていただきますが
まず既存のペグワード法をお試しになられたのですか?
つまりたとえば私が始めに思いついたのは
抵抗のカラーコード↓ですが
http://www.jarl.or.jp/Japanese/7_Technical/lib1/teikou.htm
このようにあらかじめ準備されてる場合と
自分で考えた場合ではやはりおっしゃるとおり
【エピソード記憶】の要素が入り込み差が出ると思います。
ほんとまだケツの青いガキが言うのもなんですが
そこの差の部分の比較などが面白いと思います

本当何もわかってないのにすみませんorz

神戸市在住@アスパラガスさん

コメントありがとうございます^^
微妙な名前の伏せ方が素敵ですw

確かに、あのような表があればかなり【エピソード記憶】の影響は軽減されますね。
確かにおっしゃるとおりですねw
予め用意されたペグワードを使用した際の差異を示せばかなりいいレポートになったとおもいます。
その発送はなかったです^^;

レポートで使用するペグワードは自分で作成するというのが条件に含まれているため、既存の物のみでは課題の要項を満たしませんが、比較ならOKだったでしょう。
む~くやしいです><
PR
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。